心因性EDや妻だけEDを克服するための3つの方法

恋愛と結婚
◆こんなことが分かります
・心因性EDや妻だけEDに対して、まずは自分でできる対策が分かります
karitoke

心因性EDや妻だけEDを克服するために自分でできる3つの方法

うましです。4児の父です。僕は妻が第1子を出産したタイミングで数か月間程度、『心因性ED』になった経験があります。EDではありますが、妻以外の他の女性の動画などでは全く問題がない状態、すなわち『妻だけED』という状態です。

心療内科に1度通いましたが、そこの医師は僕のくわしい話も聞かずにいきなり精神的な薬を処方しましたが、薬を飲んでも薬の量が増えるだけで根本的な改善にはならないと感じたため、僕は薬を飲まずに自分で『妻だけED』を克服し、今では4児に恵まれました。

僕自身が心因性EDになったからこそ分かったのは、血管や神経などの体に障害がなく、精神的な『ちょっとしたこと』が原因でなってしまったEDは、逆にちょっとしたことで回復する場合が多いです。

いきなり病院に行って精神的な薬などを服薬するのではなく、まずは副作用がなくて、ご自分でできる身近なことから試すことを強くおすすめします。

今回は僕の実体験が心因性EDで悩んでおられる方の参考になればありがたいです。

環境を変える

まずは周囲の環境を変えてみることをおすすめします。具体的には次のようなことです。

・ラブホに行ってみる
・女性にコスプレしてもらう

環境を変えて刺激をもらうことで、俗にいう『マンネリ化』している状態を解消して精神的に前向きにできます。

Amazonでも女性向けのコスプレは豊富にあるので、恥ずかしがらずに『遊び』みたいな感じで楽しんでみることをおすすめします。コスプレはセックスレスにも効果があると言われているようです。

>>Amazonでコスプレ商品を見る

スクワット

男性ホルモンである『テストステロン』は男性のあそこを立たせるのに重要なホルモンです。テストステロンは年齢と共に低下をしますが、テストステロンが低下するとうつ病などの精神的な病気になるリスクも高くなります。

テストステロンの分泌を促進する手軽で効果的な方法は大きな筋肉の筋トレをすることです。人間の最も大きな筋肉は『太もも』なので、スクワットが最も効果的です。

実際にスクワットをすると活力がわいてくることを明らかに実感できますし、心身ともにエネルギーに満ちあふれ、あそこも調子が良くなります。ぜひ、スクワットは習慣づけることをおすすめします。

精力剤

妻だけEDや心因性EDの治療で実際に『精力剤』が使用されているというのはご存じでしょうか?バイアグラが有名ですね。

精神面からのEDは『たたない恐怖』が男性の自信をなくしているので、精力剤を補助的に使用して『たつ状態』にして行為を行うことで『大丈夫だった』と徐々に自信を取り戻し、心因性EDを克服できる可能性があります。実際に僕の場合もそうでした。

病院で処方される『薬』に抵抗があるという方はまずは『サプリメント』として扱われている精力剤を使ってみることをおすすめします。

ただ、高額だったり危険そうなものは避けてください。

次のような商品がおすすめです。日本製で薬剤師が監修しており、安全性を保障してくれていますので初めての方にもおすすめです。低価格なのも魅力です。

Amazonレビュー抜粋

・男の活力がみなぎる
・痛いくらい立つ
・この値段でこの効果はすごい

心因性EDは血管や神経などは問題がないのに立たなくなってしまうので原因も見えづらく、非常に精神的に苦しいですが、気分を入れ替えたり、スクワットをしたり、精力剤の力も借りればきっと克服できます。実際に僕もそうでした。

実際に心因性EDになった僕の意見がお役に立てることを願っています。ありがとうございました。