【本当に傷つく】絶対に男性に言ってはいけない3つの言葉|愛される女性になるために

恋愛と結婚
◆こんな方に向けた記事です
・絶対に男性に対して言ってはいけない言葉を知りたい方

絶対に男性に言ってはいけない3つの言葉

うましです。35歳の男です。現在は4児の父で妻とも仲が良く幸せな結婚生活を送っていますが、この幸せな結婚生活を手に入れる以前は『強烈な女性』とも交際していたこともあります。

一言でいうと『男性のプライドを傷つける女性』は、どんなに美しくても男性から深く愛されることはありません。その結果、女性自身が人生で幸せをつかむこともできません。

今回は僕の実体験を元に、男性が女性から言われて大きく傷つく3つの言葉をご紹介させて頂きます。

実際に、ご紹介する言葉を日常的に口にする女性と数年交際していましたが、僕はこれらの言葉が原因で別れを切り出しました。その女性は最後まで『それくらいで意味が分からない』と言ってましたが。

ぜひ参考にして頂けるとありがたいです。

会社や給料

もう言うまでもありません。男性の勤務先や給料を軽く見るような発言をされると男性は傷つきます。

例えば、あなたの彼氏は中小企業(ベンチャー)勤務で年収が500万円だったとします。そんな彼氏に

・友達の彼氏は大企業勤務だって。うらやましい
・友達の彼氏は年収600万円らしいわよ

こんな発言をする女性は想像以上に多いのですが、男性は確実に傷つきます。コンプレックスをガリガリと強く引っかかれるからです。

表情に出さなくても『この女性は男心を分かっていない』という印象を与えてしまいます。会社や給料のことを話題にする時には

・男性の会社や給料を軽視しない
・他の男性や自分の給料と比較しない

これは心がけることを強くおすすめします。

元彼をほめる

『元彼』の話が出てくることは少なくないかと思います。しかし、大半の男性は愛する女性の元彼の話など聞きたくありません。

特に元彼の話題で注意して欲しいのは

・元彼はイケメンだった
・元彼は夜の営みが上手だった
・元彼は給料が高かった

こういう発言をする女性は意外に多いです。こんな話をされると男性は女性に対して一気に冷めますし、引きます。愛する女性が過去に愛した元彼という存在は男性にとってはやはり気持ちいい存在ではありません。

『元彼と交際したから成長できて今の私がいる』くらいはありかと思いますが、元彼の話題は避けた方が無難です。

車の運転が下手ね

『車の運転』は想像以上に男性のステータスを決定します。

男性は性行為と車の運転をバカにされると傷つく

という有名が言葉がありますが、運転が下手と言われると男性は想像以上に落ち込みます。

ここでお伝えしておきたいのは『運転が荒い』などの危険な運転ではなく、切り返しが多かったり、速度がちょっと遅めの『慎重な運転』に関してです。

20代前半や免許取りたての頃はバックの駐車や縦列駐車の感覚がまだつかめておらず、何度か切り返すことも多いでしょう。そんな時に

・1発で駐車できないの?
・運転が下手だよね

などの発言は避けた方が良いです。危険な場合は指摘するのは当然ですが、慎重だからこそ切り返す回数が増えたり、速度を落として安全運転しているので、慎重な運転は温かく見守ることをおすすめします。

最後に

男性は誰しも『プライド』を持って生きています。一定の割合でその男性のプライドをズタズタに傷つける女性は確実に存在します。

元彼は大企業勤務で年収も高かったし、車の運転もあなたよりうまかった

こんな発言をする女性は、男のことを理解できていないだけでなく『思いやり』すらない女性だと思われても仕方ないかもしれません。

男性から本当の意味で愛される女性になるために、今回の3つを言葉は意識して使わないことをおすすめします。