プロ厳選|安いおすすめWiFiルーター3選|戸建・マンション用無線LAN|一人暮らしにも

デジタル家電

WiFiにするためのルーターってどれを買ったらいいのか分からない・・・

うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年の電子機器のプロが、WiFiルーターを選ぶ際の3つのポイントと格安なおすすめ3選をご紹介します。

karitoke

プロ厳選|格安でおすすめのWiFiルーター3選

うましです。リモートワークやWeb会議の活発化もあり、WiFiは今まで以上に安定した接続を維持することが求められます。

僕は実際に安物のWiFiルーターを買って使用したことがありますが、接続が途切れたり、速度が遅くなったりと不安定になることが多くて、とにかくストレスがたまります。

まずはWiFiルーターを選ぶ時に絶対にチェックすべき3つの注意点をご紹介します。

チェックすべき3つのポイント

5GHz対応を選ぶ

WiFiには2.4GHz5GHzの2種類があります。GHzはギガヘルツと読みます。

2.4GHzは電子レンジの電磁波や他の電子機器の電波とぶつかりやすいため、2.4GHzは途切れやすいという特徴があります。

古いモデルや中古などでは2.4GHzのみの製品も多いです。そのため、5GHz対応のWiFiルーターを使用することを強くおすすめします。

さらにお伝えしておくと、最近のWiFiルーターは2.4GHzの電波と5GHzの両方の電波を出すものも多いので、機器を接続時には5GHzの電波に接続するようにしてください。

「5GHz対応のWiFiルーターを購入したのに途切れる・・・」という場合、うっかり2.4GHzの電波に接続している可能性があります。

802.11acや802.11axと表記されている場合もありますが、悩んだら最後にご紹介するものを選んでおくと大丈夫です。

接続台数を考慮する

意外に見落としがちですが、接続台数はとても重要です。家族が増えるとWiFiに接続する機器が増えます。5人家族だから5台しか接続しないというわけではありません。

1人でパソコン、スマホ、タブレットなどを複数接続する場合もありますし、友人や親族が来た時にWiFiに接続するとさらに接続台数が増えます。

購入した後に「え?こんなに少ない台数しか接続できないの?」と後から後悔しないために、接続台数はしっかりとチェックし、納得してから選ぶことをおすすめします。

IPv6対応を選ぶ

難しい解説は省略しますが、IPv6とは簡単にご説明すると、速度が落ちにくく、途切れにくい新しい技術のことです。

技術的な話は理解しなくても全然OKです。ただ、IPv6対応の製品を選択しておくと、今後も快適に長く使用できるくらいに考えてもらうと良いかと思います。

WiFiルーター3選

5GHz対応、接続台数が10台以上、IPv6に対応しているWiFiルーターの中から電子機器のプロ目線で厳選した安心の3機種をご紹介します。

うまし
うまし

気になる商品があったら、リンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあります。

BUFFALO WSR-1166DHPL2/N

日本でのWiFiルーターの販売台数が、18年間連続で1位という驚異的な人気を誇る日本メーカーのバッファローの製品です。低価格なのも魅力です。

特にこだわりがなければ、これで間違いないかと思います。

推奨環境
・一戸建て:2階まで
・マンション:3LDKまで
・接続台数:最大12台

レビューより

・安くて高速
・設定が簡単
・動画が途切れなくなった

TP-Link AX1800

WiFiルーターの販売台数が、世界1位のTPリンクの製品です。理論上は36台接続も可能ですが、レビューでは20台程度が良さそうという声も上がっています。

パワーが強いので広範囲や接続台数を求める方にはおすすめです。

推奨環境
・一戸建て:3階まで
・マンション:4LDKまで
・接続台数:最大36台

レビューより

・これは買う価値がある
・とても安定している
・12〜18台くらいが現実的には良さそう

I-O DATA WN-DAX1800GR/E

日本メーカーのI-Oデータの製品で、初期設定が不要で初心者でも安心して使うことができるWiFiルーターです。パソコンやWiFiなどは、よく分からないという方におすすめのモデルです。

パワーが強いので、電波の範囲が広く接続台数が20台と多いのも魅力です。

推奨環境
・一戸建て:3階まで
・マンション:4LDKまで
・接続台数:最大20台

レビューより

・コスパが良い
・満足している
・簡単だけど細かい設定項目がない

最適なWiFiルーターで快適に

数多くのモデルが存在するWiFiルーターですが、価格だけで選んでしまうと後悔することになりかねません。ご自分の環境にあった信頼できるメーカーの製品を選択してください。