【独学Python入門㉜】テキストファイルの読み書き

今回はテキストファイル(メモ帳)を開いて文章を書き込んだり読み込むテストを行ってみます。

#テキストファイルに書き込んで保存
file = open('ファイル名.txt', 'w')

#テキストファイルから読み込み
file = open('ファイル名.txt', 'r')

#右が切れたら左にスワイプしてください

まずはエディタを使用して以下のソースコードを書き込み実行してください。

#テキストファイルに書き込み
file = open('test.txt', 'w')
file.write('メモに書き込むテスト')
flie.close()

#右が切れたら左にスワイプしてください

このソースコードを保存した場所に「test.txt」というテキストファイルが作成され、開くと以下のように記述されています。

次にメモ帳の文章を読み込むテストを行ってみましょう。先ほど生成した「test.txt」に書き込んだ文章を「get_str」という変数に代入して出力してみます。以下のソースコードをエディタで書き込み、先ほど生成された「test.txt」と同じフォルダにこのファイルを保存して実行してください。

#テキストファイルから読み込み
file = open('test.txt', 'r')
get_str = file.read()
print(get_str)
file.close()

input()    #実行後もウィンドウを保持

#右が切れたら左にスワイプしてください

今回はPythonを使用してテキストファイル(メモ帳)開いて文章を書き込んだり、ファイルの文章を読み込むことに成功しました。生成するファイルの拡張子を「.py」や「.doc (.docx)」にするとどうでしょうか?ソフトウェアの状況によっては失敗するかもしれませんがいろいろとテストしてもらうとより理解を深めてもらえるかと思います。

独学Python入門一覧に戻る