プロ解説|ソニーとパナソニックをおすすめする理由|4Kテレビやブルーレイプレイヤーの選び方

デジタル

テレビやブルーレイプレイヤーのメーカーはどこがおすすめなの?

うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年で、HDMI関連の設計・開発をしているプロがHDMI業界の事情を元にソニーとパナソニックをおすすめする理由をご紹介します

スポンサーリンク

プロ解説|ソニーとパナソニックをおすすめする理由

うましです。今回はHDMI業界の事情と、なぜ僕がソニーとパナソニックをおすすめするかの理由をご紹介します。最初に、難しいお話ではなく、簡単なたとえ話をご紹介します。

ソニー君とパナソニック君の権力

ある日、ソニー君とパナソニック君はこんな企画を考えました。

「今度、クラスで格闘ゲームのトーナメントをしよう」

そして、ソニー君とパナソニック君は、細かくトーナメントのルールや内容を考えました。このトーナメントはクラス中の話題になり、東芝君やシャープ君たちも参加したいと言ってきました。すると、ソニー君とパナソニック君は、クラスメイトにこんなことを言いました。

「レベルが低い人は参加しないで欲しい。僕達2人が参加資格があると認めた人だけトーナメントの参加資格をあげるよ」

しかし、問題がありました。ゲーム機の本体を持っているのがソニー君とパナソニック君の2人しかいなかったんです。

そのため、クラスメイトはソニー君とパナソニック君の家に行って、練習させてもらわなければなりません。すると、ソニー君とパナソニック君はこう言いました。

「僕のうちにおいでよ。1時間に1,000円で練習して良いよ」

(た、高いよ)

練習をしたり、トーナメントの参加資格を得るために、クラスメイトはソニー君とパナソニック君に高額なお金を支払う必要がありました。問題はお金の問題だけではありません。

ソニー君とパナソニック君はクラスメイトの練習風景を見ることができるということです。クラスメイトが、どのキャラを使う、どんな攻撃の仕方をするというのが、ソニー君とパナソニック君に漏れる可能性がありました。それを元にソニー君とパナソニック君は

「なるほど、そういう手があるか」
「そう来るなら、こう対処しよう」

と参考にしたり、戦略を練ることができます。つまり、ソニー君とパナソニック君は次の3点で他のクラスメイトよりも有利なんです。

・参加資格を与える権利がある
・2人に高額な練習代を支払う
・情報が漏れる可能性がある

HDMIのATCという組織

HDMIとは、ご自宅のテレビやパソコン、Blu-rayプレイヤーには、ほぼ確実に採用されているコネクタの差し込みの規格です。ソニーやパナソニック、東芝、海外の企業などが共同で決めたデジタル家電向けの規格です。

「HDMI規格に対応しています」という証明を行うための「ロゴ」を製品に表示して販売するためには、試験に合格する必要があり、ATCと呼ばれる組織に依頼をして、HDMIで決められている規格を満たしているかの細かいテスト(コンプライアンステスト)を受ける必要があります。

その、検査機関を自社で持っているメーカーは、なんと日本ではソニーとパナソニックの2社のみです。

そのため、東芝やシャープなどは、ATCを所有するソニーとパナソニックに依頼して、開発したHDMIの製品が、規格を正しく満たしているかを確認してもらう必要があります。これには2つの不利な点があります。

1つ目は試験費用が高額だということです。数十万~数百万円もかかります。不合格なら何度も受けなくてはなりません。

2つ目は、ソニーやパナソニックに技術が漏れる可能性があります。最新の製品を販売前に、ライバル会社に細かく調査してもらうのは気持ちが良いものではありません。ソニーやパナソニックと比較すると他社はどうしても不利な状況にあります。

アリオンという第3社機関も存在しますが、最終的にはやはりロゴの取得では、ソニーやパナソニックに依頼する必要があります。

このように、ATCという絶対的な検査機関を自社に持っているソニーやパナソニックは、やはり競合他社よりも有利にHDMI機器の品質向上を図ることができます。

僕が、世界的に有名な測定機器メーカーにお邪魔した時に、そこでは検証にソニーやパナソニックの製品が使用されていました。やはり、ソニーとパナソニックは、それだけ高い信頼性をHDMI業界で確立しているということです。

もちろん、ソニーやパナソニックの製品も不具合を起こす可能性はありますが、やはりHDMI業界で品質面で有利なのは間違いありません。他社が悪いというわけではなく、HDMI業界ではソニーとパナソニックが有利ということをお伝えできればと思います。

「どこのメーカーを選ぼうかな?」と悩まれる方には、品質の面ではソニーとパナソニックを選んでおくと安心です。読んで頂き、ありがとうございました。

>>プロ厳選|格安4K液晶テレビの選び方とおすすめ3選|安い43/49/50インチを買うなら