【独学Java入門⑫】配列

配列とは複数のデータを一覧で管理するデータ型です。以下は配列を定義する方法ですが、2パターンご紹介します。

//定義方法1
データ型 変数名[] = new データ型 [要素数];

//定義方法2
データ型 変数名[] = {要素1, 要素2,・・・};

//右が切れたら左にスワイプしてください
//定義方法1の例
int list[] = new int [5];
list[0] = 0;
list[1] = 1;
list[2] = 2;
list[3] = 3;
list[4] = 4;

// []の数字がインデックス(添え文字)
//インデックスは0から始まります

//定義方法2の例
//インデックス 0  1  2  3  4
int list[] = {0, 1, 2, 3, 4};

//右が切れたら左にスワイプしてください

定義方法1と定義方法2を使用してソースコードを作成して動きを確認してみます。実行結果はどちらも同じになります。

【定義方法1】

class list1 {
    public static void main(String args[]) {
        int list[] = new int [3];
 
        list[0] = 0;
        list[1] = 1;
        list[2] = 2;
        
        System.out.println(list[0]);
        System.out.println(list[1]);
        System.out.println(list[2]);
    }
}

//コメントはコピーペーストしないでください
//右が切れたら左にスワイプしてください

【定義方法2】

class list2 {
    public static void main (String args[]) {
        int list[] = {0, 1, 2};
       
        System.out.println(list[0]);
        System.out.println(list[1]);
        System.out.println(list[2]);
    }
}

//コメントはコピーペーストしないでください
//右が切れたら左にスワイプしてください

for文を組み合わせると「System.out.println」を何度も書く必要がなくシンプルになります。

class list3 {
    public static void main (String args[]) {
        int i;
        int list[] = new int [3];
 
        list[0] = 10;
        list[1] = 11;
        list[2] = 12;

        for (i = 0; i <= 3; i++) {
            System.out.println("index["+ i +"]=" + list[i]);
        }
    }
}

//コメントはコピーペーストしないでください
//右が切れたら左にスワイプしてください

配列の応用もあるのですが今回は省略させて頂きます。興味をお持ちの方は2次元配列拡張for文で検索してみてください。

独学Java入門一覧に戻る