【モデルナ体験談】1回目と2回目の発熱と解熱は何時間後?ワクチンの副反応は?モデルナアーム・準備すべき物は?

読み物

モデルナ製ワクチンを実際に打った人の体験談(副反応、発熱など)を聞いてみたい・・・

うまし
うまし

モデルナ製ワクチンを2回打ってきました。経過時間と発熱から解熱まで流れや経験した副反応の症状をご紹介します。

スポンサーリンク

【モデルナ体験談】1回目と2回目の発熱と解熱は何時間後?

記事の目的

今回、実際にモデルナ製ワクチンを2回目打ってきました。その時、僕の体に実際に生じた副反応をご紹介することで、これからモデルナ製ワクチンを打つ方、打とうかと検討されている方の参考にしてもらえればと思います。本業がエンジニアでデータを扱うことが得意なので、自身の体調の変化を記録に残して体験談をお役に立てて頂けることを願い記録に残します。

注意事項

下記の点をご理解の上で「モデルナ製ワクチンを接種した1人の体験談」として参考にしてもらえればと思います。

・僕は医療に従事する立場の者ではなく医学の専門的な知識はございません。
・この記事はモデルナ製ワクチンの有効性や安全性を示すものではありません。
・この記事はワクチンに対しての不安を煽る(あおる)ことが目的ではありません。
・副反応は個人差がある点をご理解ください。
・この記事を参考にしていかなる不都合が生じても責任は負いかねます。

ワクチン接種者の情報

年齢 36歳
性別
身長/体重 180cm/74kg
BMI=22.8(普通体重)
アルコール ほとんど飲まない(多くとも缶ビール500ml x 1本を月に1~2回)
喫煙 吸わない(10年以上前に喫煙歴あり)
基礎疾患
既往歴(既往症)
特になし
アレルギー 食べ物によるアレルギーは特にありませんが、ハウスダストで結膜炎や鼻炎、のどのかゆみなどは生じやすい体質です

使用した体温計

電子体温計 C232(テルモ)
※実測検温で測定を実施

1回目

経過時間と発熱のグラフ

接種当日

2021年9月2日(木)20:00に熊本県熊本市の県民広域接種センターでモデルナ製ワクチン1回目の接種を受けてきました。

僕が接種した部位は左腕です。「筋肉注射は痛みを感じにくい」という情報はネットで見かけましたが、たしかに接種時の痛みはほとんど感じませんでした。接種後に気分が優れないということもありませんでした。翌日の9/3(金)は休暇をとり、9/4~9/5は休日で接種後の3日間は自宅で安静にしていました。

接種~3時間経過

副反応は特に感じません。

3~40時間経過

接種した方の左手を肩より上に上げようとすると接種した部分に筋肉痛のような痛みを感じます。デスクワークなどは問題なく行える程度ですが、接種した方の腕で重い物を持ったりはできそうにありませんでした。そのため、接種した方の腕で子供を抱っこするなどはできませんでしたが、それ以外は日常生活に支障はありませんでした。

40~49時間経過

先述した左手を上げた時の接種した部位の痛みに加えて、僕の平常時の平熱(36.8℃)を超える発熱が生じました。風邪で生じる発熱の症状とは異なり不快感やくらくらした感じは特になく、アルコールを飲んだ『ほろ酔い状態』という例えがしっくり来るような状態で体がほてり、少しですが発汗もしました。もちろんアルコールは飲んでいません。少しぼーっとするので集中する作業や自動車の運転は避けた方が良さそうな気がしました。

49~64時間経過

発熱は収まりましたが、左手を上げた際に接種した部位の痛みは続きます。ただ痛みの程度は徐々に軽くなっていくのを感じます。

64時間経過以降

手を上げた時の筋肉痛のような痛みもなくなり平常時のように戻りました。それからモデルナアームの症状もありませんでした。

2回目

経過時間と発熱のグラフ

接種当日

2021年9月30日(木)20:00に1回目と同様に熊本県熊本市の県民広域接種センターでモデルナ製ワクチンの接種を受けてきました。

接種したのは今回も左腕です。1回目と異なり接種時に針の痛みを感じました。看護師さんに少しお聞きしたところ「因果関係はよく分かっていないが2回目が痛いという方が多く、液を注入する時に痛みを感じるという方も多い」とのことでした。

今回も接種直後に気分が悪いということもなく夕食も平常時と同じものでした。翌日の10/1(金)は副反応に備えて有給休暇を取りました。10/2~10/3は土日で接種後3日間は安静にできる体制を整えて2回目は臨みました。

接種~3時間経過

副反応は特に感じません。

3~11時間経過

1回目と同様に接種した方の左手を肩から上に上げようとすると接種した部分に筋肉痛のような痛みを感じますが1回目よりも痛みは弱いように感じました。日常生活には支障があるほどではありませんでした。

11~36時間経過

接種して11時間後くらいから一気に発熱しました。

2回目の副反応では頭痛、全身の関節痛、倦怠感(だるさ)、発熱が生じましたが最もきつかったのが頭痛でした。38℃を超えたあたりから激しい頭痛が始まり頭が割れそうなほどの激痛で寝ることができないほどの痛みでした。

耐えがたいほどの頭痛が続いたため発熱から11時間後(接種から22時間後)に自宅に常備している解熱鎮痛剤(イブクイック頭痛薬)1回分2錠を服薬し、1時間後に頭痛が緩和していき、徐々に体温も下がり始めました。

解熱剤が効いたこともあり接種から28時間後には平熱まで戻りましたが、食欲は全くなく、プリンやゼリー、バニラアイスなども体が受け付けず、ポカリスエットのような液体も少ししか飲めないのですが、不思議なことに子供のお菓子の『たまごボーロ』は食べることができました。おそらく、油分が少なく赤ちゃんも食べることができるほど消化もしやすく胃腸に優しいからかもしれません。たまごボーロが家にあって良かったです。

36~48時間経過

熱が再び上昇してくることもなく平熱の範囲に収まるようになりました。解熱してから8時間(接種から36時間)が経過した頃から気分も良く、食欲が徐々に戻り、プリンやゼリーなどは「食べたい」と思えるくらいに回復し、38時間後には食欲が通常通りに戻りました。48時間経過後には腕の痛みもなくなりました。

参考情報

コロナと血中酸素濃度について

コロナなどの呼吸器の病気にかかると血中酸素濃度が低下すると言われています。

血中酸素飽和度は通常96~99%が理想的な値とされています。
新型コロナウイルスのような肺炎や気管支喘息など呼吸器に関わる疾患にかかっていると95%以下になることが多く、その診断の目安として利用されることがあります。

引用:東京ビジネスクリニック

そのため、今話題の血中酸素濃度を測定できるスマートウォッチなども日常的に装着されることをおすすめします。購入者の評判が良くて僕も実際に使用しているスマートウォッチのレビューをこちらでご紹介していますのでぜひ参考にしてもらえればと思います。