【モデルナ製ワクチン1回目体験談】発熱・解熱は何時間後?副反応は?モデルナアーム・準備すべき物は?

社会問題

モデルナ製ワクチン(1回目)を実際に打った人の体験談(副反応、発熱など)を聞いてみたい・・・

うまし
うまし

モデルナ製ワクチン(1回目)を実際に打ってきました。実際に体験した発熱から解熱までの期間、その他の副反応の症状をご紹介します。

karitoke

モデルナ製ワクチン1回目体験談

記事の目的

今回、実際にモデルナ製ワクチン(1回目)を打ってきました。その時、僕の体に実際に生じた副反応をご紹介することで、これからモデルナ製ワクチンを打つ方、打とうかと検討されている方の参考にしてもらえればと思います。本業がエンジニアでデータを扱うことが得意なので、自身の体調の変化を記録に残して体験談をお役に立てて頂けることを願い記録に残します。

注意事項

下記の点をご理解の上で「モデルナ製ワクチンを接種した1人の体験談」として参考にしてもらえればと思います。

・僕は医療に従事する立場の者ではなく医学の専門的な知識はございません。
・この記事はモデルナ製ワクチンの有効性や安全性を示すものではありません。
・この記事はワクチンに対しての不安を煽る(あおる)ことが目的ではありません。
・副反応は個人差がある点をご理解ください。
・この記事を参考にしていかなる不都合が生じても責任は負いかねます。

ワクチン接種者の情報

年齢36歳
性別
身長/体重180cm/74kg
BMI=22.8(普通体重)
アルコールほとんど飲まない(多くとも缶ビール500ml x 1本を月に1~2回)
喫煙吸わない(10年以上前に喫煙歴あり)
基礎疾患
既往歴(既往症)
特になし
アレルギー食べ物によるアレルギーは特にありませんが、ハウスダストで結膜炎や鼻炎、のどのかゆみなどは生じやすい体質です

使用した体温計

電子体温計 C232(テルモ)
※実測検温で測定を実施

接種から接種後の経過

経過時間と発熱のグラフ

接種当日

2021年9月2日(木)20:00に熊本県熊本市の県民広域接種センターでモデルナ製ワクチン1回目の接種を受けてきました。

これは接種に関係がない点ではありますが、ニュースなどでも報道されていたように会場はエアコンがとても効いていて寒いくらいでした。SNSなどで他県の方も「会場が寒い」という声は多数見られました。会場によるかと思いますが羽織るものを持って行くことをおすすめします。

僕が接種した部位は左腕です。「筋肉注射は痛みを感じにくい」という情報はネットで見かけましたが、たしかに接種時の痛みはほとんど感じませんでした。接種後に気分が優れないということもありませんでした。翌日の9/3(金)は休暇をとり、9/4~9/5は休日で接種後の3日間は自宅で安静にしていました。

接種~3時間経過

副反応は特に感じません。

3~40時間経過

接種した左手を肩から上に上げようとすると接種した部分に筋肉痛のような痛みを感じます。デスクワークなどは問題なく行える程度ですが、接種した方の腕で重い物を持ったりはできそうにありませんでした。そのため、接種した方の腕で子供を抱っこするなどはできませんでしたが、それ以外は日常生活に支障はありませんでした。

40~49時間経過

先述した左手を上げた時の接種した部位の痛みに加えて、僕の平常時の平熱(36.8℃)を超える発熱が生じました。風邪で生じる発熱の症状とは異なり不快感やくらくらした感じは特になく、アルコールを飲んだ『ほろ酔い状態』という例えがしっくり来るような状態で体がほてり、少しですが発汗もしました。もちろんアルコールは飲んでいません。少しぼーっとするので集中する作業や自動車の運転は避けた方が良さそうな気がしました。

49~64時間経過

発熱は収まりましたが、左手を上げた際に接種した部位の痛みは続きます。ただ痛みの程度は徐々に軽くなっていくのを感じます。

64時間経過以降

手を上げた時の筋肉痛のような痛みもなくなり平常時のように戻りました。今後も変化があればすみやかに追記していきます。

参考情報

準備しておいた方が良いもの

僕の場合は準備した方が良いと感じる物は特にありませんでした。しかし、発熱時に備えてカロナールなどの『解熱剤』や筋肉痛の緩和のために『湿布』の用意を推奨する医師の方もおられるようです。

モデルナアームとは

モデルナ製ワクチンを接種した場合、一部の方は接種してから数日から1週間経過すると接種した腕が赤くはれたり、かゆみが生じる『モデルナアーム』と呼ばれる症状が発生すると言われています。特に30代の女性に多いと言われているようです。僕の場合は現時点ではモデルナアームは発生していません。

◆厚生労働省および医療機関のサイトより

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチン接種後、数日から1週間後くらい経ってから、接種した腕のかゆみや痛み、腫れや熱感、赤みが出てくることがあり、いわゆる「COVIDアーム」(または「モデルナアーム」)と呼ばれています。ほとんどが武田/モデルナ社のワクチンで報告されていますが、ファイザー社のワクチンでも稀に起こります。

引用:厚生労働省

頻度は3-4%ですので、25-30人の接種につき1人ほど生じる計算となります。どういうわけか、ほとんどが女性(80%以上)で、若い年齢(中央値38歳)に明らかに多いことが分かっています。接種した腕のみに出現し逆側の腕には見られず、おおよそ1週間程度で自然消退します。


引用:東京ビジネスクリニック

モデルナ製ワクチン(第2回)について

4週間後(9/30)に予定しています。経過を記録して報告させて頂きます。

この記事の内容の引用について

この記事のURLをリンクとして貼り付けてもらえれば内容はご自由に引用して頂いて構いません。ただし、暴力、性的、犯罪の助長など公序良俗に反するサイトや記事での引用はご遠慮ください。よろしくお願いします。