【独学C言語入門⑪】while文

while文はfor文と同じく繰り返し処理を行う時に使用します。

while(条件)
{
    処理;
}

実際の使用例をご紹介します。

#include <stdio.h>

main()
{
    int i = 0;

    while (i < 5)
    {
        printf("%d\n", i);
        i++;
    }
}

do while文という構文も有名ですのでご紹介します。

do {
    処理;
} while(条件)
#include <stdio.h>

main()
{
    int i = 0;

    do {
        printf("%d\n", i);
        i++;
    } while (i < 5);
}

do whileは条件の前に処理があるため、1度は無条件で処理を実行するという特徴があります。

最後にwhile文をして無限ループを行う方法をご紹介します。while文の条件を「1」に固定することで永遠に処理を繰り返すことができます。

#include <stdio.h>

main()
{
    while (true)
    {
        printf("無限ループ\n");
    }
}

無限ループは様々なところで活用されます。止まりませんので右上の「×」を押して停止してください。

独学C言語入門一覧に戻る