【独学Python入門⑤】四則演算

Pythonで四則演算を行うためのルールをご紹介します。

インタラクティブシェルで「2 + 3」を打ち込んでENTERキーを押してください。

計算結果の「5」が返ってきます。

次に「2 ** 3」と入力してENTERキーを押してください。

2の3乗を計算して8が返ってきました。

Pythonでは次の演算子を使って計算を行います。見やすいように一部全角を使用していますが実際は半角で入力してください。

演算子 機能
足し算
引き算
かけ算
/ 割り算の商
% 割り算のあまり
** 累乗

小学生の時に習いましたが、足し算とかけ算がある場合はかけ算を先に計算するというルールがありました。Pythonも他の言語も同じなのでしっかりこのルールは守る必要があります。

()「かっこ」がある場合はその中の計算を優先します。

【今回のポイント】
・四則演算は足し算と引き算よりもかけ算と割り算が優先され、()「かっこ」は最優先です。

独学Python入門一覧に戻る