【独学C言語入門⑰】関数

関数を今回ご説明します。「y = 2x」という数学の関数があります。xのように関数に与える値を「引数」と呼び、yのようにx(引数)によって変化して返ってくる値を「戻り値」と呼びます。関数の定義の仕方は次のように行います。

戻り値の型 関数名(第1引数,第2引数…)
{
    処理;
    return 戻り値;
}

//関数の定義(例)
int max(int a, int b)
{
    if (a >= b)
    {
        return a;
    }
    else
    {
        return b;
    }
}

//戻り値がない関数
void print(int a)
{
    printf("%d", a);
    return;  //省略しても良い
}

//右が切れたら左にスワイプしてください

実際に関数を呼び出して使用してみます。

#include <stdio.h>

//大きい方を表示する
int max(int a, int b)
{
    if (a >= b)
    {
        return a;
    }
    else
    {
        return b;
    }
}

main()
{
    int c = 5;
    int d = 7;
    int e;

    e = max(c,d);
    
    printf("%d\n", e);
}

//右が切れたら左にスワイプしてください

いろいろな関数を自作して関数の取り扱いに慣れてください。

独学C言語入門一覧に戻る