【独学C言語入門⑱】スコープ

スコープとは変数の有効範囲のことです。関数内で宣言した変数は「ローカル変数」と呼び、宣言した関数の中でしか使用できません。それに対して関数の外で宣言した変数を「グローバル変数」と呼び、全ての関数で使用できます。

#include <stdio.h>

//関数の外で宣言
int a = 1;  //グローバル変数
int b = 2;  //グローバル変数

void func1()
{
//func1関数の中で宣言
    int c = 3; //ローカル変数    

    処理;
}

main()
{
//aとbは使用できますが
//cは使用できません。
    処理;
}

//aとbのスコープは全範囲
//cのスコープはfunc1関数のみ

//右が切れたら左にスワイプしてください

全範囲で使用する変数を特定の関数内で宣言しないように注意してください。

独学C言語入門一覧に戻る