【IODATA】EX-LDH241DBのレビュー・評判・モニターの口コミ・評価・感想

EX-LDH241DB_サムネ ハードウェア
質問する人
質問する人

自宅で使うモニターの購入を検討中。IODATAの『EX-LDH241DB』というモニターが気になっているけど、どんな特徴のモニターなの?評判はどう?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・IODATAのEX-LDH241DBの特徴が分かります
・EX-LDH241DBの評判が分かります
・購入時の注意点が分かります
うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年、映像機器の設計・開発のエンジニアのうましが分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

EX-LDH241DBの特徴・評判

テレワークにも最適でコスパの高い高画質フルHDモニター

EX-LDH241DBは、日本企業のIODATAが販売するシンプルで高画質の23.8インチのフルHDモニターです。HDMIケーブルやVGAケーブルも付属しているので、お得感がさらにアップする非常にコスパが高いモデルです。

EX-LDH241DBの3つの特徴

ななめから見てもきれいなADSパネルを採用

モニターは採用される液晶パネルによってななめから見ると白くなったり、黄色っぽく見えることがあります。しかし、このEX-LDH241DBは、『ADSパネル』というななめから見ても画質が変わりにくい液晶パネルを採用しているので、どこから見てもきれいな映像を確認することができます。

EX-LDH241DB_ADSパネル画像引用:IODATA

目に優しい機能も搭載

EX-LDH241DBは、周囲の明るさに応じて輝度(モニターの明るさ)を調整してくれたり、フリッカー(モニターのチラつき)を抑えることで目への不満を軽減する機能を搭載していますので、長時間の作業でも目の負担を軽減してくれます。

EX-LDH241DB_フリッカーフリー画像引用:IODATA

スピーカー内蔵なので映画やゲームも楽しめる

EX-LDH241DBは、本体にスピーカーも内蔵しているので、ちょっと映画やゲームを楽しみたい時にも手軽に楽しむことができるので、様々な用途に活用できるのも魅力的です。

EX-LDH241DB_スピーカー内蔵画像引用:IODATA

EX-LDH241DBの注意点

調整はチルトのみ

EX-LDH241DBは、モニターの調整はチルトのみしかできません。そのため、高さやスイベルなどを細かく調整することを好まれる方はご注意ください。

※EX-LDH241DBは、チルトのみ対応です

EX-LDH241DB_位置調整画像引用:IODATA

HDMI端子は1つのみ

EX-LDH241DBは、HDMI端子が1つしかありません。そのため、モニターに同時にパソコンやブルーレイ、Fire TV Stickなど複数のHDMI機器を接続したいという方には、あまり向かない仕様になっているので注意ください。

EX-LDH241DBの購入者の声

EX-LDH241DB-購入者の声

満足の声

・高いコスパ。リモートワークに最適
・さすが日本のIODATA。文句なし
・画質がすごくきれい。大当たりだった
・VGAケーブルやHDMIケーブル付属なのも良い
・目に優しい画質だと思う

不満の声

・画質は良いが作りが安っぽい
・スピーカーはついているが、音楽を楽しむ音質ほどではない
・加齢の自分は大きな文字で読める大きめのモニターを買えば良かった
・DVIがないことを見落としていた

>>Amazonレビューをもっと読む

EX-LDH241DBはこんな方におすすめ

自宅で作業するためのコスパの良いモニターをお探しの方には、EX-LDH241DBは特におすすめです。良質な画質で快適に作業をすることができます。VGAケーブルやHDMIケーブルが付属している点も便利です。ただ、調整がチルトのみであること、HDMI入力端子が1ポートのみという点は注意して購入してください。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり勉強になりますよ!

EX-LDH241DBの仕様

型番 EX-LDH241DB
パネル ADSパネル(非光沢)
解像度 1920×1080(最大)
リフレッシュレート 60Hz
応答速度 14ms(GtG)
スピーカー あり
ヘッドフォン出力 あり
入力端子 HDMI x 1
アナログRGB x 1
外形寸法(スタンド含む) 55.3 x  21.5 x 38.8 mm
重量 3.5kg
調整 チルトのみ
VESAマウント 100 x 100 mm
付属品 HDMIケーブル、VGAケーブル、電源コード、取扱説明書など