うつ病で退職してこれからが不安な人が習得すべきスキル・精神的疾患が辛い時に再就職に向けて

うつ病でこれからが不安な人が習得すべきスキル_サムネ 読み物
質問する人
質問する人

うつ病で会社を退職した。資格もスキルもないし将来が不安。どうしたら良いの?

こんな質問にお答えします。

◆記事の内容
・うつ病になる人はまじめで努力家が多い
・退職中におすすめしないスキルアップの紹介
・需要があり実用的なスキルのご紹介
うまし
うまし

エンジニア歴15年のうましです。過去にうつ病になりましたが、あるスキルを習得して人生を好転させました。実体験を元にうつ病で苦しむ方のためにアドバイスをさせて頂きます。

スポンサーリンク

うつで退職してこれから不安な人が習得すべきスキル

うつ病でこれからが不安な人が習得すべきスキル_4

コロナで社会の雰囲気がどこか重い現代。会社でも求められることが多く精神的に辛い方が多いかと思います。うつ病は今では『現代病』と呼ばれることもあり、誰もがなる可能性がある精神的な病気です。僕も20代で職場の上司のパワハラに悩み、うつ病になり、心療内科に通いましたが会社からは「甘え」と理解してもらえませんでした。

しかし、今では結婚して、4人の子どもに恵まれて幸せな人生に好転させることができました。僕の実体験を元にうつ病で苦しむ方が社会復帰するためのアドバイスをさせて頂ければと思います。

うつ病になる人はまじめで努力家

うつ病でこれからが不安な人が習得すべきスキル_5

うつ病になる人は、まじめで努力家の方が多いです。ささいなことが気になってしまったり、仕事に責任感を持って取り組むので、上司や同僚からの理不尽な扱いを受けることも多いです。

「まじめに考えすぎ」
「もっと楽に考えないといけない」

周囲からはアドバイスというよりも『説教』のように「君が悪い」と遠回しに指摘されているような気すらしてきます。うつ病になる人は、まじめで努力家ですが正しい努力をしないと人生を好転させることができないだけではなく、また報われない努力を続けることになってしまいます。そのため、まじめで努力家の方ほど注意が必要とも言われています。

おすすめしない2つの努力

盲目的に資格の取得を目指す

ニートの人生一発逆転_資格

資格取得が悪いと言っているわけではありません。しかし

「難関な資格を取得すればどうにかなるだろう」

という考えの先に幸せな未来はない可能性が高いです。難易度であれば最高ランクの司法試験や税理士を取得しても生活できない時代と言われています。まじめで努力家の方は、基本的に勉強は好きなので

(勉強すれば人生を切り開ける)

そう考えて努力をするのですが、報われない現実にさらに自信をなくしてしまいます。僕自身がそうだったのでよく分かります。

株やFXなどの短期売買は勝てない

ニートの人生一発逆転_投資

株やFXの短期売買を繰り返して利ザヤを得るデイトレード。テレビやネットで「○億円稼いだ」と紹介されることがあります。このような人達は純粋にすごいと思います。ただ、誰もができることではないです。

株やFXの売買は、高確率で負け戦のギャンブルです。短期的に勝てることもあるでしょう。しかし、手数料や税金などがかかることを考慮すると期待値がマイナスなので回数を重ねるごとに負ける確率が高く9割以上の方は負けると言われています。

『コツコツドカン』という言葉がありますが、コツコツと積み上げてきた利益を1回の負けで失う、ひどい場合は再起不能なほど負けることもあります。僕自身も

「自分は勝てる」
「損切りをしっかりすれば」

そんなことを自分に言い聞かせながら、数百万円ほど負けました。実体験から株やFXで人生をかけるような勝負はやめることを強くおすすめします。

うつ病になるようなまじめで努力家の方は投資の本を読んだり、チャートを分析したりするのも好きな人が多いです。しかし、急な社会情勢を読んだり、大口投資家にはめられて大損してしまうことの方がはるかに多いので株やFXの短期売買はやめることをおすすめします。

プログラミングを学習して人生が変わった

うつ病でこれからが不安な人が習得すべきスキル_7

ちょっと僕の職歴をご紹介すると、僕は新卒でバイクで有名な大企業に就職しましたが、うつ病になりました。その時に、独学でC言語というプログラミング言語を勉強していたのですが、C言語のスキルをアピールすることで、異業種から実務未経験でエンジニアとしての転職に成功しました。

プログラミングを勉強し、そのスキルが人生の転機になり、初めて「仕事って楽しいな」と感じる充実した日々を送れています。僕の場合はC言語でしたが、今から学ぶなら別の言語が良いかもしれません。

・なにかおすすめのスキルアップはない?
・今の仕事が嫌なんだよね

こんなことをいう友人には、プログラミングを勉強することをおすすめしています。

プログラミングの無料体験をおすすめする4つの理由

うつ病でこれからが不安な人が習得すべきスキル_8

エンジニアが足りていないので需要がある

先ほどご紹介しましたが、難しい資格に挑戦し無事に合格しても資格だけでは職を得られない人が多いのが現実だと言われています。しかし、エンジニアは慢性的に不足しており人材獲得に苦労している業界で有名です。僕の知人も再就職ができずにいましたが、プログラミングスクールに通ってサクッと再就職に成功しました。

もちろん本人の努力次第ですが、プログラミングのスキルは再就職で強い武器になってくれる可能性が高いです。

人ではなくモノと向き合う時間ができる

うつ病で退職中の方は、激務や人間関係に疲れて気分が落ち込んでいる方が多いかと思います。その時に、人と接する仕事はなかなか辛いものがあります。しかし、プログラミングはパソコンと向き合う時間が多く、黙々と作業することがほとんどです。モノと向き合い、新しい処理を覚えたり、小さなステップを上がっていくので、小さな成功体験を積み重ねることもできます。

うつ病からの社会復帰にはパソコンなどの軽作業が良いとも言われています。まずは、日々のやりがい、小さな自信を積み重ねていけるという点で、プログラミング学習はおすすめです。

家族以外の人と接することで社会とのつがなりができる

オンラインのプログラミングスクールが増えていますが、講師の方と接することで、家族以外の人と接する機会ができるというのも大きなメリットです。うつ病になってしまうと家にこもりがちになります。すると、さらに気分が落ち込みやすくなります。家族以外の『外』の人と接点を持つことも社会復帰のためには非常に重要です。

無料体験なら安心

プログラミングも合う・合わないがあります。そのため、最初に高額な受講料を払ってしまうと合わない時に大変です。そのため、まずはオンラインでプログラミングが体験できるテックアカデミーの無料体験だけ受けてみることをおすすめします。無料体験を終えた後に

「プログラミングは楽しい」

そう感じたら有料プランを、自分にはプログラミングは合わないと感じたら、無料体験で終わればリスクもほとんどありません(強引な勧誘はないので安心してください)

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

現役エンジニアと話してみるだけもあり

うつ病でこれからが不安な人が習得すべきスキル_9

・プログラミングを学習したら再就職できるの?
・何から学んだら良いの?
・完全に未経験でも良いの?

このような不安を感じたら、テックアカデミーの無料相談で現役のエンジニアに聞いてみるのもありです。自分がご希望の方向性ややりたいことを1度話してみましょう。無料相談の後も無理な勧誘はないのでご安心ください。

社会復帰の最短は今からの行動

うつ病でこれからが不安な人が習得すべきスキル_3

うつ病で退職後、自宅にいる時間は辛いですよね。僕も実際に経験したのでよく分かります。自分が社会からはじき出された感じがしてさらに自信をなくしていきます。

繰り返しになりますが、うつ病になる人はまじめで努力家、なにごとにも真剣という側面も持っています。僕がプログラミングで人生を好転させたように、うつ病の方が社会復帰することを願っています。

まずは、無料体験を予約してみましょう。社会復帰へ行動を始めることができる最短は『今』です。社会復帰できるかは、やはりご本人の意思と行動次第です。

▶テックアカデミーの無料相談はこちら
▶テックアカデミーの無料体験はこちら