プログラミングを入門書で勉強して挫折したら試すべきこと・遠回りやムダな努力にしないための学習方法

プログラミング学習は入門書だけでは厳しいかも_サムネ 読み物

プログラミングを入門書で勉強していたけど、分からないことが多くて挫折しそう。どうしたら良いの?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・プログラミングを入門書だけで学習することの難しさが分かります
・おすすめの勉強方法が分かります
うまし
うまし

エンジニア15年、現役エンジニアのうましが解説します。

スポンサーリンク

入門書だけのプログラミング学習はハードルが高すぎる2つの理由

プログラミング学習は入門書だけでは厳しいかも5

プログラミング学習は、就職や転職を目指す方のスキルアップとして人気が高いのですが、初心者が門書だけで学習するのは継続することが難しいです。入門書だけでの学習が難しい理由を2つご紹介します。

分からなくなった時に解決できない可能性が高い

分からないことに出会った時に、1人では解決方法が見つからず挫折するリスクが非常に高いです。やはり、本気で転職などの目標があり、プログラミングを学習している方は、独学よりも現役のエンジニアなど教えてくれる人が身近にいてくれた方が無難と言われています。

入門書を学習後に何を勉強して良いか分からない

入門書は基礎の部分しか教えてくれません。プログラミング学習は、その後の学習・作業が非常に重要と言われていますが、その先が全く見えずに、モチベーション(やる気)が落ちたり、飽きてやめてしまう方も多いと言われています。実は、僕も入門書だけで勉強して応用まで活用できなかった言語があります。「次はこれを学習した方が良い」と道を教えてくれる方が近くにいた方が、目的意識を失わずに継続しやすいです。

スクールの無料相談だけは受けるべき3つの理由

プログラミングを入門書で勉強して挫折したら3

「自分は○○を作りたいけど、この言語で良いのかな?」
「このまま学習してエンジニアになれるのだろうか?」
「副業のためには何を学べば良いの?」

こんな疑問を感じている方も多いかと思います。そんな時は、受講生からの評判も良いオンラインプログラミングスクールのテックアカデミーの無料相談を活用することをおすすめします。現役エンジニアの視点から無料相談だけは受けるべき3つの理由をご紹介します。

無料相談だけなら文字通り「無料」

無料相談は、文字通り無料のサービスです。そのため、いきなり高額な受講料を払って「失敗した」と後悔するリスクも少なくすることができます。実際に無料相談や無料体験を受けてみて、

「このスクールは自分に合いそう」
「プロの元でもっとスキルアップしたい」

そう感じる段階になったら、転職保証プランなどのプランも検討してみると良いかと思います。

本当に需要がある言語か確認できる

なんとなくプログラミングに興味があり、人気がありそうな言語を選んだ方も多いかと思います。しかし、その言語は今後は衰退していく言語、需要が減少していく言語の可能性もあります。現役エンジニアとお話して、自分が学習する言語がこれからも需要があるかを確認することは非常に大切です。

ゴールをイメージした学習がしやすい

「転職に役立てたい」
「○○に関するアプリ開発をしたい」
「Webサービスを構築したい」

などの目標がある方は、自分の学習の方法がゴールをしっかりと向いているかを確認する必要があります。

例えば、IoTやハードウェアに興味がある方はC++、Android アプリ開発ならKotlin(もしくはJava)などを選ぶ必要があるように、どんなに努力をしても努力の方向がゴールを向いていないと厳しい言い方になりますが、遠回り、もしくは無駄な努力になってしまいます。専門家である現役エンジニアとお話しして、自分の努力が適切な方向を向いているか(選ぶ言語、勉強方法)を1度ご相談することをおすすめします。

努力をムダにしないために無料相談だけは活用しよう

プログラミングを入門書で勉強して挫折したら4

入門書でプログラミング学習を開始したという行動力は、とてもすばらしいことだと思います。それは間違いありません。あなたのその努力を最大限に活かすためにも1度、無料相談で現役エンジニアとお話をして自分の方向性を1度確認してみましょう。

テックアカデミーの無料相談は、強引な勧誘などもないので安心して利用できます。プログラミング学習をこれからも楽しく続けていきましょう。応援しています。

>>テックアカデミーの無料相談はこちら