【SONY】X85KとX95Kの違い比較・どっちがおおすすめ?4K液晶ブラビア

X85K・X95J違い比較サムネ テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。SONYの2022年モデルの『X85Kシリーズ』と『X95Kシリーズ』は何が違うの?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・SONYの『X85Kシリーズ』と『X95Kシリーズ』の違いが分かります
・ご希望に応じたおすすめモデルが分かります
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します

スポンサーリンク

X85/X95Kの特徴と違いを解説

うまし
うまし

違いをより深く理解してもらうために、まずは共通点を簡単にご紹介します

X85K/X95Kの共通点

なめらかな映像を楽しめる倍速に対応

X85K/X95Kシリーズは、スポーツのような速い動きもなめらかでスムーズに表現する『倍速』に対応したシリーズです。

テレビは1秒間に60コマの画像を切り替えて動きを表現していますが、スポーツなどの動きが速い映像ではコマが足りずにカクカクとした印象の映像になる場合があります。コマとコマの間に中間の補正画像を生成して追加して、1秒間に120コマにすることで、よりなめらかな映像にするのが『倍速』と呼ばれる機能です。

一般的な倍速

ハンズフリーに対応

お料理や別の作業を行っていて、手が離せない時に声でテレビの操作ができると便利です。X85K/X95Kシリーズは、どちらも『ハンズフリー』に対応したモデルなので、声によって電源のON/OFF、チャンネルや音量の操作を行うことができます。

X85K・X95J違い比較-1画像引用:SONY

X85K/X95Kの違いをご紹介

プロセッサーの違い

高画質を楽しむためにテレビメーカーは独自の『プロセッサー(エンジン)』を開発しています。プロセッサーが様々な補正処理を行うことで鮮明できれいな映像を実現しますが、X85KシリーズとX95Kシリーズは採用しているエンジンが異なります。

X85K:XR
X95K:HDR X1

究極の没入体験を実現するために、認知特性プロセッサー「XR」は開発されました。人の認知特性をプロセッサーに取り入れることで、これまでにない没入体験をあなたにもたらします。

X85K・X95J違い比較-11
XR(X95K)

4Kの美しさを最大限に高める高画質プロセッサー「HDR X1」は、画質の3大要素である精細感、色の鮮やかさ、コントラストをより細かくコントロールします。

X85K・X95J違い比較-12
HDR X1(X85K)
画像引用:SONY

直下型LED部分駆動を採用(X95Kのみ)

液晶テレビの画質の良さを判断する時の1つの基準が「黒をどれだけしっかりと黒くできるか」になります。液晶テレビは、光(バックライト)を当てることで映像を映し出しますので、夜空のような映像の黒い部分も白っぽくなりやすい傾向があります。

X85K・X95J違い比較-2画像引用:SONY

SONYのグレードが高い液晶テレビでは、必要な範囲にだけ光を当てることができるように『直下型LED部分駆動』を採用し、映像の黒をしっかりと黒く表現します。

X85K・X95J違い比較-3画像引用:SONY

X95Kシリーズは、この直下型LED部分駆動を採用していますが、X85Kシリーズは非採用なのでご注意ください。

Mini LED採用の有無

前の項の『直下型LED部分駆動』でご説明しましたが、液晶テレビは黒をどれだけ黒く表現できるかが重要になります。X95Kシリーズでは、『Mini LED』を採用することで、より細かい範囲ごとに光の制御が可能になり、映像の黒い部分が白くなることをさらに防止します(X85Kは非採用)。

X85K・X95J違い比較-4画像引用:SONY

ななめから見てもきれいな映像を楽しめる処理(X95Kのみ)

液晶テレビは、採用する液晶パネルの種類によっては画面をななめから見ると白っぽくなりやすいという特徴があります。X95Kシリーズは、『エックスワイドアングル』と呼ばれるななめから見ても画質の低下が少ない処理を採用することで角度をつけて画面を視聴しても美しい映像を楽しめます(X85Kは非採用)。

X85K・X95J違い比較-5-画像引用:SONY

画面の反射を抑制する処理の有無(X95Kのみ)

テレビが映し出す映像が美しくても画面がお部屋の照明やご自身のお顔を反射してしまうと映像に集中しにくくなります。X95Kシリーズは、『エックスアンチリフレクション』と呼ばれる反射防止の処理を採用することで、室内の照明などの反射を抑えた映像を楽しむことができます(X85Kは非採用)。

X85K・X95J違い比較-6画像引用:SONY

スピーカーに関する違い

X85K/X95Kシリーズは、内蔵しているスピーカーの仕様も異なります。

【X85Kシリーズ】
・フルレンジ x 2

【X95Kシリーズ】
・ミッドレンジ x 2
・トゥイーター x 2
・サブウーファー x 2

X95Kシリーズは、高音を担当するトゥイーター、重低音のサブウーファーを搭載することにより、臨場感のある音声を楽しむことができます

X85K・X95J違い比較-8スピーカー(X85K)

X85K・X95J違い比較-7-min (2)スピーカー(X95K)
画像引用:SONY

さらにX95Kシリーズは、『アコースティックセンターシンク』という機能も対応しています。これは、特定のSONYのサウンドバーと組み合わせるとテレビ本体のスピーカーからも音声が出るため『定位感(臨場感)』のある映像と音声を楽しむことができます。

X85K・X95J違い比較-9画像引用:SONY

取り扱っているサイズの違い

X85K/X95Kシリーズは取り扱っているサイズが違います。

●:対応

サイズ X85K X95K
43V
50V
55V
65V
75V
85V

ご希望に応じたおすすめシリーズ3選

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

最新かつ最上位モデルの4K液晶ブラビアが良い方:X95Kシリーズ

「新しい4K液晶ブラビアの最上位モデルで臨場感のある映像と音声を楽しみたい」という方には、X95Kシリーズがおすすめです。Mini LEDをはじめ最高の映像を楽しむための機能をぜいたくに採用した最上位モデルで臨場感のある映像を楽しむことができます。

倍速対応の新しい4K液晶ブラビアが良い方:X85Kシリーズ

「価格は抑えたいけど倍速は欲しい」という方には、X85Kシリーズがおすすめです。倍速対応の新しい4K液晶ブラビアでスポーツのような速い動きもスムーズに楽しむことができます。

最新にはこだわらないのでグレードが高いモデルが良い方:X95Jシリーズ

「最新にはこだわらないけど、グレードが高い4K液晶ブラビアをお買い得に購入したい」という方には、X95Jシリーズがおすすめです。型落ち(前モデル)で価格は下がっていますが、2021年の最上位モデルです。高画質・高音質のハイグレードなブラビアで臨場感のある映像を楽しむことができます。