【独学Python入門⑦】エディタ

実際のプログラミングでは「エディタ(テキストエディタ)」と呼ばれるソフトを使用してプログラムを書いていきます。前回はスクリプトファイルを「メモ帳」で書いてもらいましたが、メモ帳でも書けるということを体験してもらうためにメモ帳を使用してもらいました。

エディタはプログラムの色分けを自動で行ったり、インデントを自動で付けてそろえてくれるなどプログラミングを効率良く行う機能を持ったソフトウェアです。以下のサイトで紹介してありますので、自分に合ったエディタを探してみましょう。

おすすめのエディタはこちら

僕は「Notepad++」を使用しています。軽くて作業がしやすいのでおすすめです。

独学Python入門一覧に戻る