【ハイセンス】40A35G/40A30Hの違い比較・何が違うか解説

ハイセンス_40A35G_40A30H違いサムネ テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。
・40A35G(ハイセンス)
・40A30H(ハイセンス)
この2モデルの違いは何?注意した方が良い点とかあるの?購入者の感想を聞いてみたいな。

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・ハイセンスの40A35G/40A30Hの違いが分かります
・共通する注意点をご紹介します
・購入者の声をご紹介します。
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します

スポンサーリンク

40A35G/40A30Hの違い

販売された年の違いのみ

40A35G/40A30Hは、基本的に「販売された年」の違いと考えてもらって良いかと思います。本体のサイズ、重量、消費する電力などの仕様が全て同じです。

40A35G:2021年モデル
40A30H:2022年モデル

そのため、セールなどで40A30Hがよほど安くなった時以外は、価格が安い40A35Gを選ぶことをおすすめします。

40A35G/40A30Hの注意点

うまし
うまし

40A35G/40A30Hを選ぶ時の注意点をご紹介します。以後は『40A35G/A30H』とまとめて表記させて頂きます。

ななめから見ると色が変わりやすい

液晶テレビは、採用する液晶パネルの種類によって映像の特性が大きく変わります。40A35G/A30Hは、正面から見る時には色のメリハリ(コントラスト)がしっかりとした映像が楽しめますが、ななめから見ると色が変わりやすい『VAパネル』と呼ばれるタイプの液晶パネルを採用しています。

液晶パネル仕様
画像引用:ちもろぐ

そのため、お部屋のレイアウトの関係で「キッチンからリビングのテレビをななめから見る」というように画面をななめから見る機会が多い方は注意が必要です。

HDMI端子は4K入力は非対応

最近のゲーム機は、4Kやフルハイビジョン(1920×1080)の120Hzのような高画質で楽しめるものも増えていますが、40A35G/30Hはそのような映像をHDMI端子から入力することはできません。40A35G/30HのHDMI端子に入力することができる映像は、最大で1920×1080 60Hzとなっています。ご注意ください。

ネット動画の視聴機能はなし

40A35G/30Hは、低価格が魅力のテレビですが、YouTubeなどのネット動画を楽しむための機能は内蔵していません。そのため、ネット動画を楽しみたい方は、外付けの機器(Fire TV Stickなど)が必要になりますのでご注意ください。

購入者の感想

※40A35Gの購入者の声を抜粋

満足の声

・コスパが最強。文句なし
・画質も良くて最高。大きさがちょうど良い
・必要十分な画質と機能
・リモコンの反応も良い
・ハイセンスは3台目の購入
・価格以上の機能

不満の声

・音質はお世辞にも良いとは言えない
・音質はいまいち
・音にこだわるなら別に外付けスピーカーが必要
・ななめから見ると色が白っぽくなる
・番組表や録画機能には慣れが必要

>>Amazonレビューをもっと見る

40A35G/30Hはこんな方におすすめ

「価格がとにかく安い40V型のテレビが良い」「機能はシンプルで良い」という方には、40A35G/30Hはおすすめです。しかし、ななめから見ると色が変わりやすい点、ネット動画の視聴機能は内蔵していない点はご注意ください。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

2021年モデル:40A35G

2022年モデル:40A30H

32A35G/40Gの仕様

型番 40A35G 40A30H
画面サイズ 40V型
画素数 1920 x 1080
パネル方式 VAパネル
地デジチューナー 2
BS/CSチューナー 2
ネット動画 非対応
Wi-Fi 非対応
HDMI入力数 2
ARC HDMI2のみ対応
LAN 1(データ通信用)
HDD録画 対応
壁掛け 100 x 200 mm
添付品 保証書、取扱説明書、リモコン(電池含む)、miniB-CASカードなど

2021年モデル:40A35G

2022年モデル:40A30H