【独学Python入門⑫】if 文

if文とは前回ご説明した比較演算子を使用して処理を分岐する場合に使用されます。if文の書き方は以下の通りです。

if 条件A:
    処理A
else:
    処理B

条件Aを満たすときは処理Aを実行し、それ以外の場合は処理Bを実行します。
※読み方はif「イフ」とelse「エルス」です。
※条件Aと「else」の右側には「:(コロン)」を付けます
※処理ブロックは右にずらします(インデント)

使用例を見てみてみましょう。

taro_age = 25
if taro_age == 25:
  print("taro is 25 years old")
else:
  print("taro is not 25 years old")

#右が切れたら左にスワイプしてください

※インタラクティブシェルの結果

条件を満たしていたため、「taro is 25 years old」を表示しました。

書き方は若干異なりますが、JavaもC言語などの他の言語でもif文は使用される重要な構文になりますのでしっかりと理解をお願いします。

独学Python入門一覧に戻る