悪徳オンラインサロン|情報商材を買わされる情弱信者の話

社会問題

悪徳オンラインサロン|情報商材を買わされる情弱信者の話

晃平さん(仮名:32歳)

「あれは宗教だよ」

俺は俗に言う「ブラック企業」で働いていたんだ。毎日サービス残業と上司のパワハラで精神的にも肉体的にも疲れ切っていた。「俺の人生、何なんだろう?」とかよく考えていたよ。そんなふうに心が弱っている時にある有名人のNさんを知ったんだ。Nさんはブログの収益で年間5,000万円も稼いでいると自分自身を紹介していて、最近ではブログやTwitterで「会社に依存せずに自分で稼ごう」とか「自由な生き方をしよう」と発信していた。俺も彼のように「自由に生きていきたい」と思いながら彼のツイートやブログは毎回チェックしていたよ。ある時、NさんがTwitterでこんな発表をした。

「オンラインサロンを始めます」

オンラインサロンっていうのは同じ目的を持った人達が交流する有名人主催の会員制コミュニティのことだよ。Nさんのサロンは月に2,000円と手頃だったから俺は入会することにしたんだ。入会すると週に1回、動画のライブ配信で会員が投げかける質問にあこがれのNさんが回答してくれる特典があるんだ。俺の質問にもNさんがていねいに答えてくれたから興奮したよ。Nさんのオンラインサロンに入って良かったと心から思った。その頃から俺はNさんが発信する情報が「絶対に正しい」と思うようになった。Nさんの主張が俺の判断基準になったんだ。Nさんがツイートすると

・参考にさせて頂きます!
・さすがNさん!
・最高です!

みたいなことを何十人もリプ(返信)するのよ。あれは新興宗教の教祖を盲信している「信者」の群れと同じだよ。まあ俺もその信者の1人だったんだけどさ。

しかし「個人で稼ぐこと」を発信するNさんのサロンだからもちろん課題も出されていた。全員「個人ブログ」を始めることを徹底的に義務付けられる。ちょっと専門的な話になるけど、まずはNさんのブログを経由してドメイン(〇〇.comなど)を取得させられて、ブログ用サーバーの契約をさせられるんだ。そうすることでNさんにはアフィリエイト広告による収益が入る。簡単に言うと「会員が個人ブログを始めることでNさんは儲かる」って構図だ。

会員は個人ブログの開設が完了すると広告を埋め込んだ3000文字程度のブログを毎日最低でも1つ書くことが義務付けられる。そしてブログの記事を読んでくれた訪問者(ビジター)が商品を購入すると手数料が入るという仕組みなんだ。でも、この作業が想像以上に大変だった。昼間にブラック企業で働いてクタクタで帰ってきてから毎日3時間ブログを書くんだよ。何度も心が折れそうになった。でも「ブラック企業から抜け出すんだ」という思いでどうにか頑張った。

しかし、1ヵ月間毎日ブログを書き続けても全く稼げなかった。収益0円。そもそも俺が書いたブログなんて読むやついないだろ?稼げなくて当然だよ。すると今度はNさんからこんな提案があった。

②へ進む