4児の父|子だくさんで頭悪い・避妊しないの?と言われた話

育児と教育

4児の父|子だくさんで頭悪い・避妊しないの?と言われた話

うましです。2021年1月7日に第4子が誕生して、4児の父になりました。今のご時世では4児は「子だくさん」と言われる方だと思います。僕自身も4人兄弟ですが、僕が子供の頃から地元の田舎でも4人は多いという雰囲気を感じていました。

第4子の妊娠や出産を報告すると、親しい友人や知人からは「おめでとう」という言葉の他に、どちらかと言うと「ネガティブ」な言葉もかけてもらいました。まあ、すっかり慣れましたが。

今回は4児の父になり、この友人達からの言葉(社会でも感じる雰囲気)に対しての僕の意見をご紹介させて頂きたいと思います。これはもちろん、僕個人の考え方で誰かに押し付けるものではないことを始めにお伝えしておきます。

「避妊はしないの?」という言葉

まず、この言葉は何度言われてきたか覚えていません。要するに「避妊はしないの?」ということです。しかし、先に反論しておくと自制心がなくて子供を作っているわけではありません。これはきれいごとのように思われるかもしれませんが、

今の時代の日本に生まれて人生をスタートできることは本当に恵まれている

そう僕は確信しているからです。今の日本は本当に豊かだと思います。アフリカの貧しい国々、紛争の地域、いまだに鎖国している国に生まれてきたら、どれだけ辛い目にあうか想像できません。

だから、今の時代の日本に1人でも多く命を誕生させてあげたいと思いました。僕を「自制心がない」と言う友人にどう説明しても、おそらく分かり合えないんだと思います。それぞれの育児に対する考えがあるので、自分が考える教育方針で子供を育てて行ければいいのかなと感じています。

1人に教育費はいくらかかるか知ってる?という言葉

他にも友人達からの「ありがたい指摘」で多いのは「教育費」です。「子供1人に教育費がいくらかかるか知ってる?」と「避妊しないの?」はもう何度言われてきたか覚えていません。

今、ネットでサクッと検索してみると全て公立なら800万円程度、全て私立なら2,500万円ほどかかると出てきました。

しかし、僕は「教育費」が本当にこんなにかかるか疑問に思っています。ここで言いたいのは金をかけようと思えば上限なくかけられますが、「お金をかけなくてもそれなりに楽しい人生を過ごしていける」ということをお伝えしたいです。

僕は大学を出ていません。僕と1歳年下の弟は国立の「高専」というちょっと変わった学校を卒業しました。偏差値は60を余裕で超えますので頭は悪い方ではないかと思います。

高専はエンジニア養成が目的なので公務員や銀行などの文系の職種への就職は難しいですが、就職率はほぼ100%で、僕の知り合いには日本トップクラスのゼネコンの幹部まで出世した方もいます。ちなみに僕はバイクが大好きだったので、新卒でバイクや楽器で有名なYに就職しました。

高専の学費は年間24万円程度(2021年現在)、5年で卒業なので授業料は卒業までに120万円。人生で塾に通ったことはなく、書店で国立高専の「過去問」を3,000円くらいで買っただけです。自宅から電車で通っていました。

僕自身は社会人になって学歴で引け目を感じたことはありません。しかし、大卒、大学院卒が有利になる企業があるのも事実かと思います。「あこがれの会社に入りたいけど大卒以上」という場合はもちろん大卒が必要になります。

しかし、大卒は人生の必須のパスポートではないと思います。

僕の周囲にも中卒や高卒で尊敬する方は数えきれないほどおられます。大卒が良い、悪いではなく「大学を卒業しなくても楽しい人生は送れる」ということを、ここではお伝えしたいと思います。

3人目が欲しかった友達の奥さん

僕に「子供1人に教育費がいくらかかるか知ってる?」という言葉をかけてくれた友人には2人の女の子がいます。友人は「子供は2人で十分」と言っていますが、友人の奥さんが実は「3人目が欲しい」といまだに言っていることを僕は知っています。その友人は、奥さんがそのような言葉を漏らすと、僕にかけた言葉と同じ「子供1人に教育費がいくらかかるか知ってる?」と言って奥さんを黙らせます。

しかし、僕はその友人に何度か言ったことがあります。

タバコ、酒、パチスロをやめたら、もう1人くらい育てられないの?と

「お金を理由に第3子を渋っているお前の浪費は何なんだ?」ということです。お金を言い訳にするなら、多少は節約できないかということです。

②ページ『Twitterの悪意あるリプ』