【独学Python入門⑲】breakとcontinue

前回、繰り返し動作を行うときに使用するfor文をご紹介しましたが、ある条件で繰り返しを中断したい場合にはbreak、ある条件の時のみスキップして再開したい場合にはcontinueを使用します。

【breakの使用例】

list = [0, 1, 2, 3, 4, 5]
for i in list:	#0~5の配列を準備
    if i == 3:  #iが3であれば
        break   #中断
    print(i)    #iを表示する

input()   #終了後もウィンドウを保持

「i == 0」からスタートし「i == 3」でbreakによって全ての処理を中断します



【continueの使用例】

list = [0, 1, 2, 3, 4, 5]
for i in list:    #0~5の配列を準備
    if i == 3:    #iが3であれば
        continue  #スキップして再開
    print(i)      #iを表示する

input()    #終了後もウィンドウを保持

#右が切れたら左にスワイプしてください

「i == 3」の時だけprintをスキップしていますね。continueは以後の処理をスキップはしますが繰り返し処理は継続されます。

独学Python入門一覧に戻る