【独学Python入門⑳】while文

while文もfor文と同じで繰り返しを行う構文です。使い方は以下の通りです。

while 条件:
    処理

while文とfor文は繰り返しを行うことは共通ですが記述方法が異なります。while文とfor文を使用して0から3までを表示するソースコードを作成して比較してみます。

i = 0            #iに0を代入
while i <= 3:    #iが3以下の時に繰り返す
    print(i)     #iの値を表示する
    i = i + 1    #iを+1する

input()    #終了してもウィンドウを保持

#右が切れたら左にスワイプしてください
list = [0, 1, 2, 3]
for i in list:
    print(i)        

input()    #終了後もウィンドウ保持

実行結果は以下のように同じです。



最初に使い方をご紹介しましたがwhile文は条件がずっとTrueであれば永遠に繰り返しを行うことが可能です(無限ループ)

while True:       #条件をTrue固定
    print("無限ループ")

その名の通り無限に処理を繰り返し、ウィンドウの下まで行っても止まりません。右上の「×」を押して閉じてください。このwhile文の無限ループは様々なところで使用されますので覚えておいてください。

ご説明が遅くなってしまったのですが、ソースコードに「これは何をしています」「これは誰がいつ変更しました」などのコメントができると便利です。Pythonは「#」を入力するとその行の右側は処理されずに無視されます。

#これはコメントです
while True:            
    print("無限ループ")  #修正

独学Python入門一覧に戻る