【独学Python入門㉕】タプル

タプルは変更ができない配列です。タプルは1つ1つの要素を「,(カンマ)」で区切ることは配列(リスト)と同じですが()= 丸かっこ で囲みます。

#       0  1  2  3  インデックス
list = (1, 2, 3, 4)
print(list[2])    

インデックスからアクセスしてデータを呼び出す動きは配列と同じです。

では最初にタプルは変更ができない配列とご紹介しましたが、実際に配列とタプルのデータの書き換えを行って動きを比較したいと思います。

まず配列(リスト)の書き換えです。

list = [1, 2, 3, 4]
list[2] = 5     #list[2]を5にする
print(list)     #listを表示

書き換えることに成功しました。

次はタプルの書き換えを図ってみます。

list = (1, 2, 3, 4)
list[2] = 5     #a[2]を5にする
print(list)

a[2]のデータにアクセスして書き換えを図るとエラーが発生しました。

変数を宣言してデータを代入したら変更ができないというタプルの特性は絶対に変更してはいけないような重大な変数の管理などに使用されます。

独学Python入門一覧に戻る