結婚前の身辺調査は大切|必ずチェックすべき3つのこと

恋愛と結婚

結婚前の身辺調査は大切|必ずチェックすべき3つのこと

こんな人に向けた記事です
・結婚を考えている人がおられる方
・身内に近々結婚をする人がおられる方

実際に結婚相手が重要な情報を隠していたため結婚生活がうまくいかず離婚するカップルを何組も見てきました。

結婚前の『身辺調査』は非常に重要です。今回は、身辺調査で最低でも必ず入手しておきたい3つのポイントをご紹介します。



結婚歴

交際している相手がもしも現時点で結婚していたらどうなるでしょうか?

非常にまずいことになる可能性があります。あなたが『不倫相手』になってしまうからです。

相手のパートナーから慰謝料を請求される可能性もあります。そのためにも交際相手が現在結婚していないか?または過去に結婚していて現在養育費を払っていないかなどは事前に知っておく必要があります。

相手が隠していて、婚姻届が受理された後に「実は離婚した妻が引き取った子供に養育費を払っている」と打ち明けられたら、目も当てられません。

本人や身内の借金の有無

知人でも独身時代にギャンブルで多額の借金を作ってしまい、婚姻届が受理されるまで奥さんに打ち明けなかった友人がいます。奥さんはその借金の金額に腰を抜かし、その時に生じた溝を埋めることができず、2年後に離婚してしまいました。

また、本人だけではなく、相手の身内に多額の借金をしている人がいると、交際相手が肩代わりをする、返済の協力をするなど結婚後にあなたが苦労する可能性もあります。

本人や親族に借金をしていないかは知っておきたい情報です。

前科の有無

前科がある場合、就職や様々なことで不利になることが多いです。就職の面接時に前科がある場合は正しく申告しないと『懲戒解雇』になってしまう可能性が非常に高いです。そのため、結婚生活が経済的に苦しくなる可能性もあります。

さらに、犯罪の内容によっては、現在も悪い人達とつながりがあったり、薬物などであれば再犯の可能性も高まります。

交際している相手が過去に犯罪行為を行って前科がないかはやはり確認しておく必要があります。

まずはプロにご相談を

結婚前の身辺調査は非常に重要です。離婚となると簡単にはできない場合も少なくないですし、あなたに離婚歴が残ります。

トラブルを事前に回避するためにも身辺調査はしっかりと行っておくことをおすすめします。婚姻届が受理されてから分かっては取り返しがつきません。相談は無料ですのでまずはプロにご相談することを強くおすすめします。

>>ご相談は無料!結婚前調査はこちら