結婚相手が実は反社会的な男だった|結婚前の身辺調査は必要

恋愛と結婚

結婚相手が実は反社会的な男だった|結婚前の身辺調査は必要

真一さん(仮名:60歳)

「相手をしっかりと調べておくべきだった」

私達夫婦には娘がいました。なかなか子供に恵まれなくて、不妊治療を行って私が35歳になった時にようやくできた一人娘なんです。自分の娘をほめるのもお恥ずかしいですが、娘は妻に似て、小さい頃から顔が良くてね。近所でもかわいいと評判でした。娘に将来の夢は?と聞くと毎回決まって

「お嫁さん」

そう答えていました。まさか、夢の結婚で『あんなこと』になるとは思ってもいなかった。

娘は、高校生くらいの頃から悪い男に狙われることが多くてね。俗にいう「ヤンキー」のような変な男に言い寄られることが多かったんです。娘はそんなタイプに興味はないようだったけど、何度も告白をされたり、強引に交際を迫られることもあったようです。

そのたびに私が相手の両親や本人に注意していた。しかし、娘が成人するとそんなこともできなくなってね。恋愛くらいは自由にさせるべきだよねと妻とも相談したんです。

娘は大学を卒業後は、実家を出てある地方都市で医療事務として仕事をするようになりました。就職したばかりの時は「寂しい」と毎日のように電話をしてきていたけど、次第に電話の頻度が減った。

どうやら彼氏ができたようでね

まあ、娘も年頃です。恋愛だって自由にしますよね。だから、本人に任せていた。娘が24歳になった時に「会わせたい人がいる」とLINEをしてきた。私と妻は「自分達にもついにこんな日が来たんだなぁ」と寂しいけど、正直に言うとうれしさを感じていた。

実家に連れてきた男性は黒縁の眼鏡をかけ、真面目そうだけど、笑顔が自然で素敵で、娘の交際相手としては合格だったよ。海外から雑貨を輸入して販売する小さな会社を経営しているということだった。収入も1,000万円くらいはあるということでした。

妻と「あの男性と結婚してくれると良いね」と話すくらいの好青年だった。

その1年後に2人は結婚。孫を抱ける日はいつかな?と楽しみにしていたんだ。だけど、まさかこんなことが起こるなんてね。

②へ進む