出産祝いで子供服を贈って相手に気をつかわせて困らせた話

育児と教育

出産祝いで子供服を贈って相手に気をつかわせて困らせた話

優華さん(仮名:27歳)

「出産祝いが原因でギクシャクするなんてね」

私には高校時代の同級生で「美紀」という友達がいました。美紀とはずっと一緒で恋愛や勉強のことでいつも相談しあっていた仲だった。

高校を卒業後も美紀とはずっと連絡を取り合っていて、美紀も私も25歳の時に結婚。そして、美紀は26歳で女の子を出産。大切に思っていた友達の出産は、自分のことのようにうれしかった。当然のように何か出産祝いを贈りたいと考えたの。

ある日、私と旦那は、旦那が仕事で使う道具を買うために、ショッピングセンターに行ったんだけど、ふと、ベビー用品のお店の前で私は足を止めました。すごくかわいい子供服が展示してあったの。

(かわいいベビー服だなぁ)

ピンクのフラミンゴがデザインされていて、様々な色がちりばめられたベビー服。とてもきれい。店員さんも「人気商品で、よく売れています。おすすめですよ」と言ってくれた。

(絶対に美紀も喜んでくれるはず)

私はそう思って、このフラミンゴの服を購入してラッピングしてもらった。そして、次の週末に美紀にこの購入したベビー服を渡すと美紀はこう言ってくれた。

「わー、すっごくきれいでかわいい!ありがとう!」

私は美紀が喜んでくれたことで胸がいっぱいになった。しかし、この服が原因で美紀と疎遠になるなんて想像もしなかった。

美紀はSNSが好きでよく子供の画像もアップするんだけど、その時、私がプレゼントした服を着せてアップすることが全くなかった。私は次第に

本当はあの服、気に入ってくれなかったのかな?

そう不安を感じるようになったの。喜んでもらいたくてプレゼントしたベビー服。でも、どうせなら子供に着せて欲しい。美紀が子供に着せてくれないのは「心の底から喜んでくれたんじゃなかったのかも」と感じるようになった。

(喜んでくれたら・・・子供に着せるよね・・・)

子供服をプレゼントして数か月後、美紀とお茶をする機会があったけど、その時の赤ちゃんの服はやはり私が贈った子供服じゃなかった。つい我慢ができずに聞いてしまった。

②へ進む