C言語

C言語

C言語の独学は無理じゃない|スクールに通わず入門書で【IoT企業転職も】

C言語の独学は無理じゃない|スクールに通わず入門書で【IoT企業転職も】 うましです。僕は現役のハードウェアエンジニアですが、実務レベルのスキルを独学で勉強し、そのスキルを元に実際に製品開発を行っています。設計した機器を東京大学や京...
C言語

【独学C言語入門㉘】値渡しとポインタ渡し

今回はかなり難易度が高いのでポインタを十分理解されてから読まれることをお勧めします。関数に引数として変数を渡す時には「値渡し」と「ポインタ渡し」の2種類があります。ポインタ渡しは厳密には異なりますが「参照渡し」と呼ばれることもあります。ま...
C言語

【独学C言語入門㉗】define

defineは「マクロ」の1種です。マクロとは今まで最初に記述していた「#include」のように「#」で始まる記述のことですが、詳細は置いておき今回は「#define」の使い方のみをご紹介します。 #define RUN 0 //...
C言語

【独学C言語入門㉖】ヘッダファイル

ヘッダファイルとは今まで最初に書いていた#include <stdio.h>のように拡張子が「.h」のファイルです。大量の関数などを「.c」のファイルに書き込まずにヘッダファイルに書き込んでおき、それらを取り込む(インクルード...
C言語

【独学C言語入門㉕】多次元配列

多次元配列とは今までの配列が1列に並べて値を管理していたと例えると2次元では縦・横の2方向、3次元では縦・横・高さの3方向に値を並べて管理する方法です。 型 配列名; //1次元 //インデックス0, 1, 2 int a =...
C言語

【独学C言語入門㉔】goto文

goto文は結論からいうと良くない構文です。便利な反面、作成者以外の人が読んだときに非常に分かりづらくなるためです。 ラベル: //B  ・  ・  ・ goto ラベル; //A // AからBに飛びます 使...
C言語

【独学C言語入門㉓】typedef

Typedefを使用するとデータ型の名前を好きなように付けることができます。 typedef 現データ型 新データ型 実際の使用例を見てみます。 #include <stdio.h> typedef uns...
C言語

【独学C言語入門㉒】構造体に文字列を入れる

今回は構造体のメンバーに文字列を使用してみます。 //構造体テンプレートの宣言 struct man { char name; int age; }; //構造体変数の宣言のみ struct man taro; ...
C言語

【独学C言語入門㉑】構造体のポインタ

構造体をポインタで参照する方法を今回ご紹介します。構造体も普通の変数と同じように「*」を付けてポインタ変数の宣言を行います。 //構造体テンプレートの宣言 struct data{ int ht; int wt; }...
C言語

【独学C言語入門⑳】構造体

構造体を使用すると複数のデータ型の変数をまとめて管理することができて便利です。スポーツジムの入会申込書を例にご説明します。この入会申込書は身長、体重の項目がありますが、これらをメンバと呼び、どういうデータ型の変数をまとめるかを宣言すること...