【KOORUI】24E4のレビュー・感想は?口コミ・評判・どこの国?

KOORUI_24E4サムネ モニター
質問する人
質問する人

ゲーミングモニターの購入を検討中。KOORUIの『24E4』というモデルに興味があるけど、どんな特徴のモニターなの?注意点とかある?購入者の感想とか聞いてみたいな。

このご質問にお応えします。

◆この記事の内容
・KOORUIの24E4の特徴や注意点が分かります
・購入者の感想をご紹介します
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します。

スポンサーリンク

24E4の特徴・注意点・感想について

コスパが非常に高い本格派ゲーミングモニター

KOORUIは、中国の半導体メーカーのHKC社のブランドです。24E4は、本格的なゲーミングのスペックを持ちながら非常にお求めやすいのが魅力のモデルです。ただし、注意点もありますのでご紹介します。

24E4の3つの特徴

本格的なゲーム向けのスペック

24E4は、最大で165Hzのリフレッシュレート、1ms(MPRT)と高速の応答速度で快適にゲームを楽しむことができます。

KOORUI_24E4-2

ティアリングを抑制して安定した映像でプレイできる

24E4は、FreeSyncやG-Syncに対応していますので、これらに対応したビデオカードと組み合わせるとティアリング(画像の乱れ)を抑制して、ストレスが少ない安定した映像でゲームをプレイすることができます。

KOORUI_24E4-3

フリッカーを抑制して目の疲労を軽減

モニターはバックライトを点灯させて映像を映し出しますが、バックライトのチラつき(フリッカー)が目の疲労の原因になり、ひどくなると眼精疲労や肩こり、頭痛などの原因になると言われています。しかし、24E4はDC調光技術を採用して有害なフリッカーを抑制して目の負担を軽減します。

KOORUI_24E4-1

24E4の注意点

横から見ると白っぽくなりやすい

24E4は、『VAパネル』と呼ばれる液晶パネルを採用しています。VAパネルは高価格の4K液晶パネルでも採用されることが多く、正面から見るとコントラストが引き締まり美しい映像を楽しめますが、ななめから画面を見ると白っぽくなりやすい傾向があります。その点はご理解して購入してください。

液晶パネル仕様画像引用:ちもろぐ

リフレッシュレート165HzはDPで接続する必要があり

先ほどご紹介しましたが、24E4は最大で165Hzのリフレッシュレートの映像を楽しめますが、DisplayPortで接続する必要があります。HDMIは144Hzまでになりますのでご注意ください。

24E4の購入者の感想

G2422H-4

満足の声

・コスパは最高に良い
・VAパネルなので黒が引き締まっている
・FPSには向いている
・応答速度が早い
・この価格で品質が良く驚いた
・予算を抑えて本格的なモニターが欲しい人にはおすすめ

不満の声

・D-sub(アナログRGB)があるとなお良かった
・ネジをしっかり締めても少しぐらぐらする
・角度をつけて画面を見ると白っぽくなる
・HDMIでは144Hzが最大。165HzにするならDPにする必要があった
・きれいではあるが、高価格のモニターと比較すると画質はおとる

24E4はこんな方におすすめ

「コスパが良い本格的なゲーミングモニターを探している」という方には、KOORUIの24E4が特におすすめです。非常にお求めやすい価格で本格的なスペックのモニターを購入することができます。ただし、リフレッシュレート165Hzで楽しみたい方はDisplayPortで接続する必要がある点、正面から見るときれいですがななめから見ると白っぽくなりやすいことを理解して購入してください。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

KOORUI 24E4のスペック

ブランド KOORUI
型式 24E4
画面サイズ 24インチ
解像度 1920 x 1080
パネル方式 VA(非光沢)
応答速度 1ms(MPRT)
リフレッシュレート 最大165Hz
入力ポート HDMI1.4 x 2
DP x 1
音声出力
VRR FreeSync
G-Sync対応
サイズ 54.2 x 17.6 x 42.4 mm
重量 4.47 kg
添付品 DPケーブル、電源ケーブル、スタンド、取扱説明書