【レグザ】Z870L/Z875Lの違いと注意点・何が違う?

テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。レグザの『Z870Lシリーズ』と『Z875Lシリーズ』の違いは何?注意すべき点はある?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・レグザのZ870L/Z875Lシリーズの違いが分かります
・選ぶ時の注意点が分かります
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します

スポンサーリンク

Z870L/Z875Lの特徴や違い

うまし
うまし

違いをより深く理解してもらうために、まずは簡単にZ870L/Z875Lシリーズの共通点をご紹介します

Z870L/Z875Lの共通点

Mini LEDを採用で黒をしっかりと黒く表現

液晶テレビの画質の良さを判断する基準の1つが『黒をどれだけしっかりと黒く表現できるか』です。液晶テレビは、光(バックライト)を当てて映像を映し出すので、夜空や宇宙のような黒い部分も白っぽくなりやすい傾向があります。

Z870L_Z875違い比較-3画像引用:EIZO

Z870L/Z875Lシリーズは、必要な部分にだけ光を細かく当てることができるように『Mini LED』を採用することで、黒をしっかりと黒く表現します。

Z870L_Z875L違い比較1画像引用:TVS REGZA

見逃した番組も楽しめるタイムシフトマシン対応

「会社で話題になった昨日のドラマを今すぐに見たい」という時に便利な機能が『タイムシフトマシン』です。過去の番組表からすぐに楽しむことができ、「タイムシフトマシンなしのテレビには戻れない」と好評の声も多いようです。

※タイムシフトマシンの利用には設定が必要です

Z870L_Z875L違い比較5画像引用:TVS REGZA

スポーツもなめらかに楽しめる倍速対応

スポーツのような速い動きもなめらかでスムーズに表現する機能が『倍速』です。Z870L/Z875Lシリーズは、倍速に対応したシリーズです。

テレビは1秒間に60コマの画像を切り替えて動きを表現していますが、スポーツなどの動きが速い映像ではコマが足りずにカクカクとした印象の映像になる場合があります。コマとコマの間に中間の補正画像を生成して追加して、1秒間に120コマにすることで、よりなめらかな映像にするのが『倍速』と呼ばれる機能です。

一般的な倍速

より豊かな色彩を表現する量子ドット技術を採用

Z870L/Z875Lシリーズは、よりあざやかな色彩(広色域)を表現することができる『量子ドット技術』を採用していますので、鮮明で美しい映像を楽しむことができます。

Z870L_Z875L違い比較6画像引用:TVS REGZA

立体音響を楽しめる音響システムを内蔵

Z870L/Z875Lシリーズは、本格的なスピーカーを内蔵しています。

◆合計:70W
・フルレンジ x 2
・ツィーター x 2
・トップツィーター x 2
・ウーファー x 1

テレビ本体だけで、映画館でも採用されている立体音響技術(ドルビーアトモス)を楽しむことができます。

Z870L_Z875違い比較10画像引用:TVS REGZA

ネット動画も手軽に楽しめる

Z870L/Z875Lシリーズは、ネット動画を楽しむための機能を内蔵していますので、ご自宅の無線LAN(Wi-Fi)に接続するとテレビの大画面でネット動画も楽しむことができます。さらに、リモコンのダイレクトボタンからワンプッシュでアプリを起動することができるのも便利です。

Z870L_Z875L違い比較9画像引用:TVS REGZA

Z870L/Z875Lの違い

サイズの違い

Z870L/Z875シリーズは、取り扱っているサイズが違います。

●:対応

サイズ Z875L Z870L
55V
65V
75V

画像処理エンジンの違い

美しい映像を楽しむために、テレビメーカーは独自の『画像処理エンジン』を開発しています。このエンジンが、光の明暗、繊細さ、色彩の補正を行うことで高画質を実現します。

Z870L/Z875シリーズは、採用しているエンジンが違います。

Z875L:レグザエンジンZRα
Z870L:レグザエンジンZRⅡ

【レグザエンジンZRα】
人間の感性を持ったかのような映像解析能力を備えたレグザ最新のハードウェアAIエンジン。ディープニューラルネットワークを駆使して、高ビットの信号処理と最新の超解像技術を用い、人が見ている世界をより自然な美しさで再現。

Z870L_Z875違い比較11Z875Lシリーズ

【レグザエンジンZRⅡ】
地上デジタル放送やBS・110度CS放送はもちろん、4K放送やネット動画も高精細に楽しめる、さらに進化した新エンジン。高速レスポンス、進化したノイズリダクション、快適な操作性を備えました。

Z870L_Z875違い比較12Z870Lシリーズ
引用:TVS REGZA

Z870L/Z875Lの共通する注意点

電気代がかかる

Z870L/Z875Lシリーズは、高画質・高機能が魅力ではあるのですが、消費する電力が大きいため電気代がかかるという特徴があります。同じ2022年モデルのM550Lシリーズと75V型で比較してみます。

【75V型】
・75M550L:248W
・75Z875L:403W

約150Wも違います。1日5時間テレビを見ると仮定すると月に600円ほど、1年間に約7,200円ほど電気代が違ってきます(1kWh当たり25.4円で計算)。電気代の差に関しては

「別に気にならない」
「意外に大きいな・・・」

と個人差はあるかと思いますが、「Z870L/Z875Lシリーズは電気代がかかる」という点は知っておいて損はないかと思われます。

Z870L/Z875Lシリーズはこんな方におすすめ

「高画質にこだわったレグザが良い」という方には、Z870L/Z875Lシリーズがおすすめです。Mini LEDや量子ドット、倍速と高画質を楽しむための機能に加えて、グレードが高い音響システムもぜいたくに採用したフラッグシップ(最上位)モデルの4K液晶レグザで臨場感のある映像を楽しむことができます。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

55V型(Z870Lシリーズ)

65V型(Z875シリーズ)