【2022年版】全4K液晶レグザの違い比較

テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。4K液晶のレグザに興味があるけど、製品が多くて仕様の違いが分からない・・・スペックの違いを知りたい。あと、おすすめのモデルも聞いてみたいな。

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・レグザの全4K液晶モデルの違いが分かります
・ご希望に応じたおすすめモデルをご紹介します
うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年、映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します。

スポンサーリンク

4K液晶レグザ全シリーズの違い比較

4K液晶レグザで「何が違うの?」「細かい仕様の違いが多すぎて分からない」と感じている方も少なくないかと思います。今回は必要な部分だけに注目して、違いをご紹介させて頂きます。

仕様の一覧表

← →左右にスクロールできます
●:対応

  Z875L Z875L Z770L Z670L Z570L M550L
発売年 2022年 2022年 2022年 2021年 2022年 2021年 2022年 2021年 2022年 2021年 2020年
シリーズ Z875L Z870L Z770L Z740XS Z670L Z670K Z570L Z570K M550L M550K  C350X
プロセッサ ZRα ZRⅡ ZRⅡ CloudPRO ZRⅡ  ZR1  ZRⅡ  ZR1  ZRⅡ  ZR1  PowerDrive
バックライト Mini LED Mini LED 直下型 直下型 直下型 直下型 直下型 直下型 直下型 直下型 直下型
量子ドット
ネット動画   ●     ●     ●     ●     ●     ●     ●     ●     ●     ●     ●  
倍速機能
ボイス機能
タイムシフトマシン
HDMI数 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 3
地/衛星チューナー 9/3 9/3 9/3 9/3 3/3 3/3 3/3 3/3 3/3 3/3 2/2
4Kチューナー 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1

画像引用:REGZA

シリーズと扱っているサイズ

← →左右にスクロールできます
●:対応

  Z875L Z875L Z770L Z670L Z570L M550L
シリーズ Z875L Z870L Z770L Z740XS Z670L Z670K Z570L Z570K M550L M550K C350X
43V     ●     ●     ●     ●    
50V   ●    
55V   ●     ●  
65V   ●   ●  ●   
75V   ●     ●       ●    ●    

画像引用:REGZA

質問する人
質問する人

なるほど。違いは分かったよ。ちなみに、おすすめモデルとかあるの?

うまし
うまし

①見逃した番組も今楽しめるモデル、②倍速搭載で高画質のモデル、③コスパの良い低価格のモデルをご紹介します。

ご希望別の4Kレグザのおすすめ3選

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

タイムシフトマシンで見逃した番組も今楽しみたい方|Z740XS

「会社で話題になっていた昨日のドラマを見たかった」というように、見逃した番組も手軽に視聴したい方にはタイムシフトマシンを搭載したZ740XSシリーズがおすすめです。ハイグレードで、映像が美しいのも魅力です。

購入者の声

※Amazonレビューから抜粋

◆満足の声
・画質は文句なし。とにかくきれい
・大画面で最高の画質
・良い買い物だった

◆不満の声
・リモコンで電源を入れてからつくまでに3秒ちょっとかかり遅い
・テレビ単体だと音の迫力が足りない

>>もっとAmazonレビューを読む

倍速も搭載で高画質・高音質が楽しめるレグザが良い方|Z670K

倍速機能を搭載し、スポーツなどの激しい動きをスムーズな映像で楽しみたい方にはZ670Kシリーズがおすすめです。他にもボイス機能が搭載されているので、「ネット動画を探す時にリモコンから手で文字入力するのは面倒。音声で検索したい」という方にもZ670Kシリーズはおすすめです。

購入者の声

◆満足の声
・発色がきれいで画質は良い
・音声は立体感を感じる

◆不満の声
・Z740XSの方が音質は良い
・リモコンにネットフリックスがない
・タイムシフトマシンがない

>>もっとAmazonレビューを読む

低価格を優先して安心のレグザブランドが良い方|C350X

「レグザブランドの4K液晶テレビが欲しいけど予算を抑えたい」という方には、C350Xシリーズがおすすめです。機能はシンプルですが、安心のレグザブランドの4K液晶テレビで、4K放送や豊富なネット動画を楽しむことができます。

購入者の声

※Amazonレビューより抜粋

◆満足の声
・価格を重視したが画質が良い
・リモコンをオンしてから映るまでが早い

◆不満の声
・値段の分くらい
・高機能なモデルから買い替えたのでやはり画質や音質は安っぽく感じる

>>もっとAmazonレビューを読む

【参考】詳しい仕様の違いについて

バックライト

液晶テレビは、バックライトの方式によって画質が変わります。主に『エッジ型』と『直下型』に分けられます。直下型はコストが上がりますが、細かい制御が可能で黒をしっかりと黒く表現するのが得意です。エッジ型は黒い部分が白っぽくなってしまう傾向がありますが、構造がシンプルで低価格のテレビに使用されることが多いです。

直下とエッジ
左:エッジ型 / 右:直下型
引用:東芝ライフスタイル株式会社

倍速

テレビは1秒間に60枚(60コマ)のパラパラ漫画のように画像を切り替えることによって動画を表現します。しかし、激しいスポーツなどの場合、60コマでは不十分で、ぼやけたりカクカクとした動きになることがあります。激しい動きをなめらかに表現する機能が『倍速機能』です。コマとコマの間に、さらに新しい映像を生成して挿入することで、さらになめらかな動きを表現します。

倍速機能があるモデルは価格がアップしますが、スポーツ観戦など動きのある映像を楽しみたい方にはおすすめの機能です。
◆対応 :Z670K/Z740XSなど
◆非対応:M550K/C350Xなど




引用:レグザ-Z670Kシリーズ

ボイス機能

声で動画の検索を行ったり、おすすめを紹介してもらう機能です。文字を入力する手間がなくなるのでもっと手軽にテレビを楽しむことができます。
◆レグザボイス:Z740XS
◆ハンズフリーボイス:Z670Kなど
◆非対応:C350X/M540X



↓ハンズフリーボイス(Z670K)

引用:レグザシリーズ

タイムシフトマシン

『タイムシフトマシン』を活用すると見逃したスポーツやドラマもすぐに視聴することが可能です。さらに、過去の番組からあなたにぴったりの番組も紹介してくれます。ただし、USBハードディスクが必要になったり、制約事項もありますので必ずタイムシフトマシンの注意事項を確認して活用してください。
◆対応 :Z740XS
◆非対応:C350X/Z670Kなど


引用:レグザ-Z740XS

タイムシフトマシン搭載の4Kレグザ|Z740XS

高機能・高画質でバランスが良い4K液晶レグザ|Z670K

低価格が魅力的な4Kレグザ|C350X