【今だけ】Amazonタイムセールはこちら

【SONY】X80K/X80Lの違い比較・どっちがおすすめ?4K液晶ブラビア

SONYブラビア_X80K_X80Lの違い比較サムネ テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。SONYの
・X80K(2022年モデル)
・X80L(2023年モデル)
この2つのシリーズの違いは何?どちらがおすすめ?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・X80K/X80Lシリーズの違いをご紹介します。
・ご希望別のおすすめをご紹介します。
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します

スポンサーリンク

X80K/X80Lの違いを解説

うまし
うまし

違いをより深く理解してもらうために、まずは共通点を簡単にご紹介します

X80K/X80Lの共通点

あらゆる映像を4Kの高画質で楽しめる

地デジやネット動画、DVDなどのような低解像度(画質があらい映像)も、X80K/X80Lシリーズはアップコンバート機能によって4Kの細かく美しい画質で楽しむことができます。

SONYブラビア_X80Lシリーズ特徴や注意点-
画像引用:SONY

豊富なネット動画を手軽に楽しめる

ご自宅のWi-Fiに接続するとYouTubeなどのネット動画をテレビの画面で楽しむことができます。また、リモコンのショートカットボタンを押すとワンプッシュでネット動画の機能を起動することができるので、より手軽にネット動画を視聴することができます。

SONYブラビア_X75WLシリーズ特徴や注意点1
豊富なネット動画に対応

SONYブラビア_X75WLシリーズ特徴や注意点2
ダイレクトボタンを配置
画像引用:SONY

ハンズフリー機能も対応

お料理など別の作業をしていて手が離せない時、テレビを声で操作できる『ハンズフリー機能』ですが、X80K/X80Lシリーズも対応しています。そのため、声でボリューム調整、電源の操作なども行うことができるので便利です。

SONYブラビア_X75WLシリーズ特徴や注意点3
画像引用:SONY

倍速機能は非対応

テレビは1秒間に60コマの画像を切り替えて動きを表現していますが、スポーツなどの動きが速い映像ではコマが足りずにカクカクとした印象の映像になる場合があります。コマとコマの間に中間の補正画像を生成して追加して、1秒間に120コマにすることで、よりなめらかな映像にするのが『倍速』と呼ばれる機能です。

一般的な倍速

X80K/X80Lシリーズはどちらも倍速は対応していません。倍速非対応である点にはご注意ください。

X80K/X80Lの違い

BRAVIA CORE(ブラビアコア)対応の有無(X80Lのみ)

ソニー独自のアプリである『BRAVIA CORE』で最新の映画から過去の名作まで楽しむことができます。見放題(期間あり)や作品の購入、レンタルを行うことができます(X80Kは非対応)

SONYブラビア_X80K_X80Lの違い比較1画像引用:SONY

ゲームメニュー/ECOメニュー対応の有無(X80Lのみ)

ゲームに関する設定と省電力に関する設定をそれぞれ集約することで、より手軽に行うことができます(X80Kは非対応)

SONYブラビア_X80K_X80Lの違い比較2ゲームメニュー
ブラックイコライザ―やVRRなどを一括設定

SONYブラビア_X80K_X80Lの違い比較3
ECOメニュー
画像引用:SONY

ご希望別のおすすめモデル

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

最新にこだわらないのでお買い得なモデルが良い方:X80Kシリーズ

「最新の機能には特にこだわらないので価格を重視したい」という方には、X80Kシリーズがおすすめです。2022年モデルということもあり、価格も下がっていますので、人気のSONYの4K液晶ブラビアを買い得に購入することができます。

機能が追加された新しいモデルが良い方:X80Lシリーズ

「新しいモデルで便利な機能もいろいろと使ってみたい」という方には、X80Lシリーズがおすすめです。ブラビアコア、ゲームメニューやECOメニューが追加されており、テレビをより便利で快適に楽しむことができます。