【年に1度】Amazonプライムデーはこちら

【ALLDOCUBE】iPlay 50のレビュー・注意点・感想・評判・口コミ

ALLDOCUBE_iplay50のレビュー・特徴や注意点サムネ ガジェット

質問する人
質問する人

タブレットの購入を検討中。
・iPlay 50(ALLDOCUBE)
どんな特徴のタブレットなの?注意点とかある?購入者の感想を聞いてみたいな。

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・iPlay 50の特徴や注意点をご紹介します
・購入者の感想をご紹介します
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します

スポンサーリンク

ハイテク企業が並ぶ深セン市のALLDOCUBEの格安タブレット

ALLDOCUBEは、ハイテク企業が並び『アジアのシリコンバレー』と呼ばれる中国深セン市の企業です。今回は、iPlay 50の特徴や注意点をご紹介します。

iPlay 50の特徴

基本的なスペック

CPUにUnisoc T618(8コア)、メモリは物理4GB+仮想8GBを搭載していますので、動画の視聴やネットサーフィンなどを快適に行うことが可能です。ただし、高画質なゲームなどはスペック不足を感じる場合がありますのでご注意ください。

ストレージは、64GBを内蔵し、microSDカードを追加することによって最大2TB拡張が可能です。

ALLDOCUBE_iplay50のレビュー・特徴や注意点4
画像引用:ALLDOCUBE

ななめから見てもきれいな高画質ディスプレイ

10.4インチの大画面で動画や電子書籍も快適に楽しむことができます。ディスプレイには、『IPS ディスプレイ』を採用しているので、画面をななめから見ても色の変化が少なく美しい映像で楽しむことができます。

ALLDOCUBE_iplay50のレビュー・特徴や注意点5-
画像引用:ALLDOCUBE

PD(急速充電)は非対応なので注意

iPlay 50は、6,000mAhのバッテリーを搭載しており、ネット動画であれば、8時間程度楽しむことができます。ただし、急速充電の規格であるPD(USB Power Delivery)には非対応なので注意が必要です。

ALLDOCUBE_iplay50のレビュー・特徴や注意点3
画像引用:ALLDOCUBE

Wi-FiだけではなくNano SIMカードで4G LTEにも対応

Wi-Fi(2.4G/5GHz)だけではなく、Nano SIMカードを使用すると4G回線を利用することで外出先でも使用することが可能です。

ALLDOCUBE_iplay50のレビュー・特徴や注意点2
画像引用:ALLDOCUBE

Widevine L1対応でネット動画も高画質で楽しめる

Widevine L1に対応していると、NetFlixやPrime Videoなどの動画配信サービスも高画質(HD画質)で楽しむことが可能です。iPlay 50は、Widevine L1対応なので動画配信サービスも高画質で楽しむことが可能です。

ALLDOCUBE_iplay50のレビュー・特徴や注意点1
画像引用:ALLDOCUBE

購入者の声

・Prime VideoもHDで再生できた
・普通に使用するならコスパが高い
・スピーカーの音質は良くはない
・動画視聴は良いが重いゲームには向かない

>>Amazonレビューをもっと見る

iPlay 50はこんな方におすすめ

「お求めやすいAndroidタブレットを探している」という方には、ALLDOCUBEのiPlay 50はおすすめです。ただし、急速充電(PD)は非対応の点、重いゲームなどはスペック不足になりやすい点などはご注意ください。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

仕様について

型番 iPlay 50
ディスプレイ 10.4インチ(IPS)
解像度 2,000 x 1,200
OS Android 13
CPU Unisoc T618(8コア)
メモリ 4GB + 8GB仮想
ストレージ 64GB(最大2TB拡張可能)
ネットワーク ■Wi-Fi
・2.4/5GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)
■4G
・Nano SIMカードにて4G LTEにも対応
Bluetooth Bluetooth5.0
バッテリー 6,000 mAh
充電方式 USB Type-C(5V/2A)
※PDは非対応
本体サイズ 248 x 158 x 8.4 mm
重量 466 g