32S5200A/40S5200Bレビュー・YouTubeは?口コミ評価・VESA壁掛け・TCL

デジタル家電

TCLの『S5200シリーズ』が気になっているけど評判はどうなのかな?購入者の不満の声とか聞いてみたい・・・

うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年で、HDMI機器の設計・開発をしている映像のプロが、S5200シリーズの解説と購入者の満足・不満の声をご紹介します。

karitoke

S5200シリーズのレビュー・評価・口コミ

高機能のAndroid TVを驚くほど低価格で

TCLは2019年にテレビの販売台数が世界第2位を記録するほど世界的に有名な中国の会社です。S5200シリーズはTCLのAndroid TVを搭載した驚くほど低価格なフルハイビジョンのテレビです。

S5200シリーズは32インチの『32S5200A』、40インチの『40S5200B』の2つのサイズがあります。


引用:Amazon-32S5200A

S5200シリーズのカタログスペック

型式32S5200A40S5200B
画面サイズ32V40V
解像度1920×1080
画面寸法(mm)698 x 393878 x 485
地デジチューナー2
BS/CSチューナー2
HDMI数HDMI1.4A x 2
HDCPHDCP2.0
CECHDMI1.4A
ARCHDMI1のみ
マイクロディミング
HDR10/HLG
※1080pのみ
視野角(水平/垂直)178°/178°
バックライト方式直下型LED
LANポートあり
Wi-Fi内蔵2.4/5GHz
ドルビーオーディオ
スピーカー搭載5W x 28W x 2
スマートテレビ ※1
番組録画
※外付けHDD要
裏番組録画
※外付けHDD要
VESA規格100x100mm
外形寸法
※スタンド含む
731 x 484x 180901 x 574 x 180
重量(kg)
※スタンド含む
4.46.6
付属品取扱説明書
簡単ガイド
保証書リモコン
miniBCASカード

※1 Googleアシスト、ネット動画対応、音声入力、Webブラウザ、クロームキャスト機能、マルチメディアプレイヤーに対応

S5200シリーズをおすすめする3つの理由

地デジやネット動画など全てが高画質

S5200シリーズは地デジだけではなくネット動画も高画質で楽しむための技術が搭載されています。

マイクロディミング

『マイクロディミング』とは、細かい範囲の明るさを調整することで暗い部分は暗く、明るい部分は明るくすることでコントラスト(色のメリハリ)を強調して美しい映像を表現してくれる技術です。

引用:TCL-S5200シリーズ

HDR対応

S5200シリーズはHDR対応ですので、夜空と花火、屋外と室内のように明るさが異なる映像も美しく表現してくれます。ただS5200シリーズが対応しているのは『HDR10/HLG』というHDR規格の基本的な規格のみ対応ですので、期待はし過ぎない方が良いです。


引用:TCL-S5200シリーズ

豊富なネット動画

豊富なネット動画に対応し、人気のネット動画にはリモコンからすぐにアクセスすることができて便利です。

※対応しているネット動画の一部
・YouTube
・Netflix
・Hulu
・Amazon Prime Video
・AbemaTV
・TVerなど

リモコンから簡単にネット動画にアクセスできますので、すぐに動画を視聴することができます。


引用:Amazon-RC610JJR1

Googleアシスタント対応

S5200シリーズは『Googleアシスタント』に対応しています。

Googleアシスタント対応、リモコンのボタンを押して話しかけるだけで、見たい映像を簡単検索。


引用:TCL-S5200シリーズ

注意点

ゲームやパソコンから4Kの映像を入力することはできません。解像度を1080pにする必要がありますのでご注意ください。また、ARCはHDMI1のみの対応になっています。

S5200シリーズの購入者レビューを分析

満足の声を分析

・こんなテレビがこの価格はすごい
・画質、音質も十分。コスパ最強
・YouTube、Prime Video、Abemaもスムーズ
・動作もサクサク
引用:Amazonレビュー

「コスパが良い」「画質も音質も十分」「ネット動画が楽しめる」と購入者の方の評価は高めです。操作も軽快との声も見られました。

不満の声を分析

・角度をつけて画面を見ると白くなる
・動きが早い映像は少し荒れることがある
・音質が軽い。サウンドバーを追加した
・リモコンの操作には慣れが必要
引用:Amazonレビュー

このS5200シリーズは非公開ではありますが、スペックから『VAパネル』という種類の液晶パネルを採用していると予想されます。VAパネルは正面からの映像の美しさを重視しているため角度をつけて画面を視聴すると白っぽく見える傾向がありますのでご注意ください。ただ現実的な範囲でななめから見るくらいでは問題ないかと思いますので神経質になり過ぎる必要はないかと思われます。

また映像に関してですが「動きが早い映像では荒れる」という声が見られます。これは『倍速駆動』を搭載していない点を考慮してもらう必要があります。

他にも「音質がいまいち」という声があります。S5200に限りませんが、テレビの内蔵スピーカーに高音質を求めるのは厳しいものがありますので、音質にこだわりたい方は別売りのサウンドバーなどをご用意することをおすすめします。

S5200シリーズはこんな方におすすめ

「低価格なAndroid TVを探している」という方には、S5200シリーズはおすすめです。かなりお求めやすい価格で高機能なAndroid TVを楽しんでもらうことができます。

ただ画面サイズが32インチと40インチに限られますのでご注意ください。また4Kではなく、フルハイビジョン(1920×1080)のテレビですので、4Kをご希望の方はご注意ください。

うまし
うまし

レビューには貴重な情報が多いので確認することは非常に重要です。レビューのチェックは無料ですのでリンク先から購入者レビューだけでもチェックすることをおすすめします。

32S5200A(32インチ)

40S5200B(40インチ)