全4Kアクオス有機ELの違い比較|DS1/DQ2/DQ1/CQ1/シャープ|S-Bright・ハンズフリー・YouTube

デジタル

2021年に販売中のシャープのアクオス4K有機ELのシリーズ別の仕様の違いを簡単に知りたいな・・・

うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年で、HDMI機器の設計・開発をしている映像のプロが、2021年に販売中の4Kアクオス(有機EL)の全シリーズの違いをシンプルに解説します。

スポンサーリンク

全4Kアクオス有機ELの違い比較

低価格でコスパ(コストパフォーマンス)が高くて人気が高いアクオスブランドの4K有機ELのシリーズごとの仕様の違いをシンプルにご紹介します。

仕様の一覧表(映像・音声)

切れる場合は左右にスクロールできます ← →

型式DS1DQ2DQ1CQ1
エンジンMedalist S2Medalist S2Medalist S2Medalist S1
パネルS-Brightパネル低映り込み
有機ELパネル
有機ELパネル有機ELパネル
Sparkling Drive〇(pluse)
音声出力65W50W50W65W
スピーカーツィーター×2
ミッドレンジ×4
サブウーハー×1
ツィーター×2
フルレンジ×4
ツィーター×2
フルレンジ×4
ツィーター×2
ミッドレンジ×4
サブウーハー×1

パネル

映像が美しい有機ELですが、パネルにシャープの独自の技術を追加することでさらに美しい映像を楽しむことができます。

S-Brightパネル

シャープが独自にチューニングしたパネルです。輝度に優れた材料を採用し、さらに発熱を抑える独自の構造によって輝度や発光をアップしています。あらゆる映像を美しく明るく表現します。
◆対応:DS1ライン


引用:シャープ-DS1ライン

低映り込み有機ELパネル

室内の照明や外の光をパネルが反射すると美しさが半減してしまいます。反射防止の対策がしてあるパネルだとさらに美しい映像を楽しむことができます。
◆対応:DQ2ライン

引用:シャープ-DQ2ライン

Sparkling Drive

有機ELの輝度(明るさ)性能を最大限に引き出すためのシャープの独自技術です。画素ごとに輝度を調整するため、黒い部分はしっかりと黒く、明るい部分は明るく白飛びを抑えて美しい映像を表現します。DS1ラインは『Sparkling Drive plus』と記載してありますが、これはDS1ラインで使用しているS-Blightパネルの制御を行うためのSparkling Drive機能になります。


引用:シャープ-DQ2ライン

仕様の一覧表(機能)

切れる場合は左右にスクロールできます ← →

型式DS1DQ2DQ1CQ1
4Kチューナー2222
地/衛チューナー3333
ネット動画
ハンズフリー
HDMI端子4444
USB2221

ハンズフリー音声操作

お料理の時や別の作業をしている時に声でテレビを操作できるととても便利です。DS1ラインはハンズフリー操作に対応しているのでより快適にテレビを楽しむことができます。
◆対応:DS1


引用:シャープ-DS1ライン

シリーズとサイズの一覧表

DS1DQ2DQ1CQ1
48V
55V
65V

※CQ1ラインは48V以外は生産終了ですが在庫が流通している場合はあります

4K液晶アクオスのおすすめ3選

うまし
うまし

レビューには貴重な情報が多いので確認することは非常に重要です。リンク先から購入者レビューだけでもチェックすることをおすすめします。

最新の高画質4Kアクオスの有機ELが良い方|DS1ライン


引用:Amazon-4T-C55DS1

「とにかく映像の美しさにこだわりたい」という方には最新の4Kアクオスの有機ELシリーズであるDS1がおすすめです。ハンズフリーも対応で高画質をより快適に楽しむことができます。

最新のアクオスの有機ELで価格は抑えたい方|DQ1ライン


引用:Amazon-4T-C55DQ1

「最新の4Kアクオス有機ELが良いけど価格を少しでも抑えたい」という方にはDQ1ラインがおすすめです。お手頃価格で最新の有機ELを手に入れることができます。

価格を抑えて有機ELを手に入れたい方|CQ1ライン


引用:Amazon-4T-C48CQ1

「有機ELにあこがれるけど高額で手が出ない」という方にはCQ1ラインがおすすめです。かなりお求めやすい価格で安心のアクオスブランドの4K有機ELを手に入れることができます。