【レグザ】43Z670L/50Z670Lのレビュー・注意点

テレビ
質問する人
質問する人

レグザの『Z670Lシリーズ』はどんなテレビなの?注意点した方が良い点とかある?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・レグザのZ670Lシリーズの特徴をご紹介します。
・Z670Lシリーズの注意点をご紹介します
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します。

スポンサーリンク

Z670Lシリーズの特徴・注意点

高画質と高音質にこだわったハイグレードな4K液晶レグザ

人気が高い東芝テレビのレグザですが、Z670Lシリーズは、あざやかな色彩となめらかな映像、迫力のある高音質を楽しめるハイグレードなシリーズになっていますが、注意点も合わせて解説します。

東芝テレビのレグザは、現在はハイセンスグループです

Z670Lシリーズの4つの特徴

倍速に対応で動きが速い映像もなめらかに楽しめる

Z670Lシリーズは、動きが速い映像もなめらかに表現する倍速機能(倍速)に対応しているのが大きなポイントです。

テレビは1秒間に60コマの画像を切り替えて動きを表現していますが、スポーツなどの動きが速い映像ではコマが足りずにカクカクとした印象の映像になる場合があります。コマとコマの間に中間の補正画像を生成して追加して、1秒間に120コマにすることで、よりなめらかな映像にするのが『倍速』と呼ばれる機能です。

一般的な倍速

動きが速いスポーツなどの動きもZ670Kシリーズは、なめらかで臨場感のある映像を表現します。

量子ドット技術を採用で幅広い色彩を表現

簡単にご紹介させて頂くと『量子ドット技術』は、テレビのバックライトに青色LEDを採用することで、従来のテレビよりもさらに豊かな色彩を表現する技術です。そのため、深みのある鮮明な色を楽しむことができます。

Z670Lシリーズ-2画像引用:TVS REGZA

高音から低音まで迫力がある立体音響を実現

Z670Lシリーズは、『重低音立体音響システムZ』を採用し、高音から重低音まで良質な音を楽しむことができます。また、映画館でも採用される立体音響技術(ドルビーアトモス)対応で、ご自宅で立体的な音声を楽しめます。

Z670Lシリーズ-1画像引用:TVS REGZA

ネット動画もテレビの画面で楽しめる

Z670Lシリーズは、ネット動画の視聴機能を内蔵しているので、ご自宅のWi-Fi(無線LAN)に接続すると、ネット動画もテレビの画面で見ることができます。また、リモコンに配置されている『ダイレクトボタン』を押すとワンプッシュでネット動画を起動することができるので、ネット動画をより手軽に楽しむことができます。

Z670Lシリーズ-3画像引用:TVS REGZA

Z670Lシリーズの注意点

タイムシフトマシンは搭載していない

過去の番組表から見逃した番組を視聴できるレグザの『タイムシフトマシン』という機能ですが、Z670Lシリーズは搭載していませんのでご注意ください。

Z670Lシリーズは、タイムシフトマシンは非搭載です。

Z670Lシリーズ-4画像引用:TVS REGZA

Z670Lシリーズはこんな方におすすめ

「動きが速いスポーツもなめらかに、音声も迫力のある音質で楽しみたい」という方には、レグザのZ670Lシリーズがおすすめです。色彩が豊かでなめらかな映像を高音質で楽しむことができます。ただし、「タイムシフトマシンを使いたい」という方は、Z670Lシリーズはタイムシフトマシンを搭載していませんので注意が必要です。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

お求めやすさが魅力の43V型

大画面が楽しめる50V型

Z670Lシリーズの仕様

型式 43Z670L 50Z670L
画面サイズ 43V 50V
解像度 4K(3840 x 2160)
バックライト 全面直下型LED
エンジン レグザエンジンZRⅡ
4Kチューナー 2
地デジ 3
BS・CSチューナー 3
HDMI数 4
ARC HDMI 2のみ
LAN端子 1
Wi-Fi 2.4 / 5 GHz
外付けHDD録画 対応
壁掛け オプション金具(別売り)で可能
外形寸法(cm)スタンドを含む 96.5 x 58.9 x 21.6 111.8 x 67.6 x 21.1
重量(kg)スタンドを含む 15.0 19.0
付属品 スタンド、リモコン(電池含む)、取扱説明書など

お求めやすさが魅力の43V型

大画面が楽しめる50V型