【SONY】X85KシリーズとX85Jシリーズの違い比較・どっちがおすすめ?4K液晶ブラビア

X85J_X85K違いサムネ テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。ソニーの『X85Kシリーズ(2022年モデル)』と『X85Jシリーズ(2021年モデル)』は何が違うの?注意点とかはあるの?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・ソニーの『X85Kシリーズ』と『X85Jシリーズ』の違いを解説します
・2つのシリーズの注意すべき点をご紹介します
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します

スポンサーリンク

X85KとX85Jの違いについて

うまし
うまし

『X85Kシリーズ』と『X85Jシリーズ』の違いをより深く理解してもらうために、まずは簡単に2つのシリーズの共通点をご紹介します。

X85K/X85Jの共通点

どちらも倍速に対応

X85Kシリーズ、X85Jシリーズは、スポーツなどの動きが速い映像もなめらかに表現するのための『倍速』に対応しています。

テレビは1秒間に60コマの画像を切り替えて動きを表現していますが、スポーツなどの動きが速い映像ではコマが足りずにカクカクとした印象の映像になる場合があります。コマとコマの間に中間の補正画像を生成して追加して、1秒間に120コマにすることで、よりなめらかな映像にするのが『倍速』と呼ばれる機能です。

一般的な倍速

4K 120Hzの入力に対応

X85K/X85Jシリーズは、どちらも4K 120Hz(120fps)のHDMI入力に対応していますので、スムーズでなめらかな映像を楽しむことができます。

X85J_X85K違い-5画像引用:SONY

VRR/ALLMに対応

ゲーム用の機能になりますが、画像の乱れ(ティアリング)を抑制して安定した画像を楽しんだり、ゲームをする際に、遅延が少ない状態に自動的に設定してくれるのでより快適にゲームをプレイすることができます。

X85J_X85K違い-3画像引用:SONY

X85K/X85Jの違い

ハンズフリー音声検索の対応(X85Kのみ)

声でテレビの電源やチャンネル、音量調整の操作ができるとお料理の時など手が離せない時に便利です。この『ハンズフリー操作』に対応しているのはX85Kシリーズのみ(X85Jは非対応)になります。

X85J_X85K違い-1画像引用:SONY

ブラビアカムに対応(X85Kのみ)

『ブラビアカム』とは、テレビに専用カメラ(別売り)を取り付けて、ジェスチャーでテレビを操作したり、ビデオチャットなどで活用する機能です。X85Kシリーズのみが対応しています(X85Jは非対応)。

X85J_X85K違い-2画像引用:SONY

サイズの違い

X85K/X85Jシリーズは対応しているサイズも違います。X85Jシリーズは、大型のサイズも取り扱いがあります。

●:対応

サイズ X85K X85J
43V
50V
55V
65V
75V

X85K/X85Jの共通の注意点

直下型LED部分駆動は非採用

液晶テレビの画質の良さを判断する1つの基準が「黒をどれだけ黒く表現できるか」というものがあります。液晶テレビは、バックライトと呼ばれる光を当てて映像を映すため夜空など映像の黒い部分も白っぽくなりやすいという特徴があります。

X85J_X85K違い-6画像引用:SONY

4K液晶ブラビアのハイグレードなモデルでは、黒をしっかりと黒く表現するために『直下型LED部分駆動』を採用し、バックライトの光の範囲を細かく制御しています。

X85J_X85K違い-画像引用:SONY

X85K/X85Jシリーズは、この直下型LED部分駆動は非対応ですのでご注意ください。

ご希望別のおすすめモデル

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

機能よりもお買い得なモデルが良い方:X85Jシリーズ

「最新ではなくても良いのでお買い得な方が良い」という方には、X85Jシリーズがおすすめです。2021年モデルということで、型落ち(最新ではない)のモデルなので、価格も下がっており、倍速対応でスポーツもなめらかに楽しめる4K液晶ブラビアをお買い得な価格で購入することができます。

機能が追加された新しいモデルが良い方:X85Kシリーズ

「ハンズフリーなどに対応した新しいモデルが良い」という方には、X85Kシリーズがおすすめです。ブラビアカムも対応しており、さらに便利で快適にテレビを楽しむことができます。