【年に1度】Amazonプライムデーはこちら

【MSI】MAG 323UPFのレビュー・スピーカーはある?注意点・感想

MSI_MAG 323UPF_特徴や注意点サムネ モニター
質問する人
質問する人

ゲーミングモニターの購入を検討中。
・MAG 323UPF(MSI)
このモデルはどんな特徴のモニター?注意点とかある?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・MAG 323UPFの特徴や注意点をご紹介します
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します

スポンサーリンク

MAG 323UPFのレビュー

MSIは、パソコン本体や関連製品の販売を行っている台湾の企業です。今回は、MAG 323UPFの特徴や注意点をご紹介します。

特徴や注意点

普段使いも快適なIPSパネルを採用

モニターは、採用する液晶パネルの種類によって映像の特性が大きく変わります。モニターで採用されることが多いTNパネル、VAパネルは、ななめから見ると色が変わりやすいという特徴があります。MAG 323UPFは、3840 x 2160(画素数)の『IPSパネル』と呼ばれるタイプの液晶パネルを採用しています。

液晶パネル仕様
画像引用:RTINGS

IPSパネルは、画面をななめから見ても色の変化が少ない(視野角が広い)ので、ゲームだけではなく事務作業や動画の視聴などの普段使いも快適に行うことができます。

本格的なゲーミングのスペック

MAG 323UPFは、高速のリフレッシュレート(最大160Hz)、応答速度が1ms(GtG)なので、なめらかでぶれを抑えた映像でゲームを楽しむことができます。

また、FreeSync Premium Proにも対応していますので、ティアリング(映像の乱れ)を抑えた安定した映像で快適にゲームをプレイできます。

光の明暗を美しく表現するHDR対応

モニターは、夜空と花火、室内と屋外のような光の明暗が大きい映像を表現するのは苦手です。明るい方に合わせると暗い部分が黒くつぶれてしまったり、暗い部分に合わせると明るい部分が白く飛んでしまいます。光の明暗が大きい映像をバランス良く表現する技術が『HDR』です。

HDR-1
HDR非対応①

外に合わせると室内が黒くつぶれる

HDR-2
HDR非対応②

室内に合わせると外が白く飛ぶ

HDR-3
HDR対応

室内と外のバランスが良い
画像引用:EIZO

MAG 323UPFは、DisplayHDR 600というHDR規格を満たしたモデルになっていますので、光の明暗もきれいに表現してくれます。

スピーカーはなし

ゲーミングモニターは、スピーカーを搭載していないモデルも多いのですが、MAG 323UPFもスピーカーを内蔵していないモデルです。そのため、ヘッドホンや外付けスピーカーをご用意してもらう必要がありますのでご注意ください。

ピボットは非対応

MAG 323UPFは、チルト、スイベル、高さ調整に対応していますので、疲れにくい状態に細かく調整することが可能です。ただし、ピボット(縦回転)には非対応ですので、モニターを縦にして使用したいという方はご注意ください。

※ピボットは非対応です

MSI位置調整
画像引用:MSI

MAG 323UPFはこんな方におすすめ

「普段使いもきれいな映像で楽しめる本格的なゲーミングモニターが良い」という方には、MSIのMAG 323UPFはおすすめです。ただし、スピーカーを内蔵していない点、ピボットには非対応の点などにはご注意ください。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

MAG 323UPFの仕様

型番 MAG 323UPF
画面サイズ 32インチ
解像度 3840 x 2160
パネル方式 IPS (非光沢)
リフレッシュレート HDMI:最大160Hz
DP:最大160Hz
応答速度‎ 1ms (GtG)
HDR DisplayHDR 600
スピーカー なし
ヘッドホン出力 あり
VESAマウント VESA100
外形寸法
※スタンド含む
72.8 x 23.4 x 49.5 cm
本体重量
※スタンド含む
9.7 kg
位置調整 チルト、スイベル、高さ調整
VRR FreeSync Premium Pro
インターフェース DisplayPort x 1
HDMI x 2
USB-C x 1
USB-B(アップストリーム)x 1
USB-A(ダウンストリーム)x 3