KYOKAはどこの国の会社?モバイルバッテリーの安全性は?|評判・コンセント・ケーブル内蔵

デジタル

最近、『KYOKA』っていうモバイルバッテリーをよく聞くけど、どこの会社?品質は?不満の声とか聞いてみたい・・・

うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年の電子機器のプロが、KYOKAのモバイルバッテリーの特徴、購入者の満足・不満の声、KYOKAのモバイルバッテリーのおすすめ3選をご紹介します。

スポンサーリンク

KYOKAはどこの国の会社?モバイルバッテリーの安全性は?

うましです。今回はKYOKAについてのご説明と、KYOKAのモバイルバッテリーをご紹介をさせて頂きます。

KYOKAとは

KYOKAのモバイルバッテリーには『GUANGZHOU KINGLEEN ELECTRONICS』というシルクが印刷してあります。

Amazon-KYOKA V33

『GUANGZHOU KINGLEEN ELECTRONICS』は、中国の広州市にある携帯電話のバッテリーや充電器の製造・販売を行っている会社でISO9001を取得するなど品質管理もしっかりとしており、世界中にビジネスを展開している会社です。『KINGLEEN』というブランドで販売しつつ、OEM(他社のブランドで販売すること)も行っています。『PSEマーク』の取得もしてあり安全性はしっかりとしているようです。

KYOKAも、このGUANGZHOU KINGLEEN ELECTRONICSの製品をKYOKAブランドで販売しているようです。KYOKAは東京都江東区にある『昊輝合同会社』という会社が販売しているブランドです。

KYOKAのモバイルバッテリーの特徴

KYOKAのモバイルバッテリーは、とても個性的で、スマホやiPhoneを充電するためのケーブルを内蔵しているモデルが多いという特徴があります。さらに低価格でありながら、満足度も高いため安心して使用できます。ヤマダ電機が、KYOKAのモバイルバッテリーを取り扱っていることも信頼の証かと思われます。

KYOKAのモバイルバッテリーに対する声

ここが満足

・安くて万能のモバイルバッテリー
・内蔵のケーブルがとても便利
引用:Amazon-レビュー

KYOKAのモバイルバッテリーはなんといっても低価格というのが満足度の高さにつながっているかと思います。さらにスマホを充電するためのケーブル内蔵タイプのモバイルバッテリーも多く使い勝手が良いという声が多いです。

ここが不満

・充電時に熱くなることがある
・とにかく重い
・充電速度が遅い
引用:Amazon-レビュー

モバイルバッテリーが、多少熱を持つのは避けられないところではありますが、手で触れないほど発熱するのはやはり異常です。モバイルバッテリーを落下させたり、経年劣化で内部の構造が変わって発熱する可能性もあります。KYOKAのモバイルバッテリーには保護回路が入っているものの、過度に発熱する場合は使用をやめる必要があります。

重量に関してですが、KYOKAのモバイルバッテリーは同じ容量のAnkerの製品と比較すると、50g程度は重い傾向があります。ただ、ケーブル内蔵である点を考慮して、どちらが良いかを検討することをおすすめします。

充電速度に関しては、KYOKAのモバイルバッテリーは、複数のスマホを同時に充電できますが、台数が多くなると電力が分散するため充電速度が遅くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

KYOKAのモバイルバッテリーはこんな方におすすめ

世界中で使用されている『GUANGZHOU KINGLEEN ELECTRONICS』のモバイルバッテリーを採用しているKYOKAの製品は基本的には、どなたでも安心して使用することができます。低価格で安心のモバイルバッテリーを探している方にはおすすめです。ただ、重量を気にされる方は、軽量な製品が多いAnkerのモバイルバッテリーをおすすめします。

>>Ankerの解説とモバイルバッテリーおすすめ3選はこちら

KYOKAのモバイルバッテリーおすすめ3選

うまし
うまし

気になる商品があったら、リンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあります。

KYOKA 9600mAh V33

内蔵のLightningケーブルとUSB-Cケーブルが付属しているモバイルバッテリーです。さらにUSB-A、USB-Cポートに、お持ちのケーブルを接続すると最大で4台の同時充電が可能です(充電する機器の台数が増えると充電速度が遅くなることがあります)。スマホを2回ほど充電できる容量です。

このモバイルバッテリーは単体で、コンセントに差してバッテリーを充電することができます。さらにLEDライトも搭載しており、停電した際には懐中電灯としても活用できます。大容量でありながら多機能ですが、低価格なのが魅力です。

容量:9,600 mAh
大きさ:9 x 7 x 2.5 cm
重量:248 g
入力:USB-C
出力:USB-A x 1 /USB-C x 1
内蔵ケーブル:Lightning x1 / USB-C x 1
付属品:microUSBケーブル等

レビューより

◆良いレビュー
・コンセント直接充電で、ケーブル内蔵は便利すぎる。
・LEDライトはちょっと暗いけど便利

◆不満なレビュー
・ケーブルが弱そう。切れないか不安。
・充電速度がちょっと遅い

KYOKA 12000mAh KY1W2AHe

内蔵のLightningケーブルとUSB-Cケーブルが付属しているモバイルバッテリーです。さらにUSB-Aにお持ちのケーブルを接続すると最大で3台の同時充電が可能です(充電する機器の台数が増えると充電速度が遅くなることがあります)。スマホを2~3回ほど充電できる容量です。

このモバイルバッテリーは、LEDライトもついており、停電した際には懐中電灯としても活用できます。さらに、電池残量をLEDで表示する機能も搭載されています。大容量でありながら多機能ですが、低価格なのが魅力です。

容量:12,000mAh
大きさ:14.9 x 7.7 x 1.4 cm
重量:248g
入力:microUSB
出力:USB-A x 1
内蔵ケーブル:Lightning x1 / USB-C x 1
付属品:microUSBケーブル等

レビューより

◆良いレビュー
・内蔵ケーブルがしっかりしてる
・持ち運びに便利。満足している。

◆不満なレビュー
・ケーブル内蔵は便利だが、サイズが大きいので、どっちが良いのか分からない
・想像していたより大きくて重い

KYOKA 30000mAh P1DX3WHo

なんと内蔵のLightning、USB-A、USB-C、microUSBケーブルの4本を付属しているモバイルバッテリーで、最大4台の同時充電が可能です(充電する機器の台数が増えると充電速度が遅くなることがあります)。スマホを6回ほど充電できる容量です。

このモバイルバッテリーは、LEDライトもついており、停電した際には懐中電灯としても活用できます。電池残量をパーセント表示する機能も搭載されています。大容量でありながら多機能ですが、低価格なのが魅力です。

容量:30,000mAh
大きさ:14.5 x 6.8 x 3.0 cm
重量:391g
入力:microUSB x 1/USB-C x 1
内蔵ケーブル:Lightning x 1/USB-C x 1/USB-A x 1/microUSB x 1
付属品:microUSBケーブル等

レビューより

◆良いレビュー
・非常用に最適
・USB-Cも内蔵は助かる

◆不満なレビュー
・すごく厚みがある
・価格と性能は満足。ただ、でかくて重い。

ケーブル内蔵で便利なKYOKAのモバイルバッテリー

今回は、ケーブル内蔵という個性的で便利なKYOKAのモバイルバッテリーをご紹介させて頂きました。大容量でLEDライトも搭載なので非常時の防災グッズやアウトドアのお供にもおすすめです。

うまし
うまし

読んで頂き、ありがとうございました