4KテレビのHDRは難しい?簡単に分かりやすく解説|DolbyVisionやHDR10+

デジタル

『HDR』って何なの?調べても専門用語が難しすぎて意味不明・・・

うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年で、HDMI機器の設計・開発をしている映像のプロが、『HDR』を簡単にご説明します。

スポンサーリンク

4KテレビのHDRは難しい?簡単に分かりやすく解説

HDRとは、シンプルにご説明すると、『明るさをきれいに表現する技術』です。実際に見比べてもらうと分かりやすいかと思います。


①HDR非対応
外に合わせると室内が暗い


②HDR非対応
室内に合わせると外が明るすぎる


③HDR対応
外と室内のバランスが良い

画像引用:EIZO-よくわかる、HDR徹底解説!HDRとは

このようにHDR対応だと、明るさが異なる部分をそれぞれにあった明るさで表現できます。

HDRはこれだけで大丈夫

HDRを解説する際には、どうしても難しい用語が出てきます。しかし、4Kテレビを選ぶ際には、そんな用語は不要です。次の3つだけ知ってもらえれば大丈夫です。

①4Kチューナー内蔵テレビは何らかのHDRに対応してる
②『HDR10+』対応だと良い
③『Dolby Vision』対応はすごく良い

もう少し詳しく解説させて頂きます。

HDRの方式

HDR10

シンプルなHDRの方式です。現在、新品で販売されている4Kチューナー内蔵テレビは、ほぼ対応しています。

HDR10+

HDR10の改良版で、打ち上げ花火のように、暗い状況からいきなり明るくなるような動きのあるシーンでもスムーズできれいな明るさを表現してくれます。

HLG10(HLG)

一部の4K放送などをきれいに見せてくれるHDR方式です。HDR10と同様に、4Kチューナー内蔵テレビはHLG10対応の場合がほとんどです。

Dolby Vision

『Dolby Vision(ドルビービジョン)』がHDRの1番良い方式と考えてもらえば大丈夫です。HDR10+やHLG10などよりも、4倍も細かく明るさを表現することができ、HDR10+のように動きのある映像でも、スムーズに明るさを表現します。

Dolby Vision対応のおすすめ有機EL3選

うまし
うまし

気になる商品があったら、リンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあります。

ソニー ブラビア A90Jシリーズ

圧倒的な輝きと、映像と音の一体感が生み出す没入体験を提供するソニーのブラビアブランドの4K有機ELテレビです。自然で色鮮やかな映像と画面そのものから生まれる迫力の高音質を楽しめます。さらに、Google TV(TM)機能搭載なのでネット動画の視聴に最適。映画、音楽、ゲームなどあらゆるジャンルのコンテンツを楽しめます。
引用:SONY-A90Jシリーズ

スペック(仕様)

◆サイズ(解像度)
・55・65・83インチ
・4K(3840×2160)

レビューより

◆良いレビュー
・画質がすごい。非常にきれい。
・画面から音が出るのは良い。
・Google TVは立ち上がりが早い

◆不満なレビュー
・音質は期待し過ぎない方が良い
・2K映像が乱れることがある
・標準スタンドは画面が低い

パナソニック ビエラ JZ2000シリーズ

有機ELビエラ史上最高峰の高コントラストな映像を映し出します。また、上からも、横からも、映像を超えて音が迫りくる音響空間を楽しめます。さらに「スマートTVアプリ」を使って大画面、高画質でオンデマンド映画を見たり、ゲームを楽しんだりできます。リモコンの簡単な操作でネット上の多彩なサービスやアプリを利用できます。
引用:パナソニック-4Kダブルチューナー内蔵ビエラ JZ2000シリーズ

スペック(仕様)

◆サイズ(解像度)
・55・65インチ
・4K(3840×2160)

レビューより

◆良いレビュー
・ノイズがなく、なめらかでメリハリがある
・よっぽどなマニアでなければ充分な音質
・ネット動画のダイレクトボタンは便利

◆不満なレビュー
・買った後、すぐに値下がりしそう

LG OLEDシリーズ

AI が画質と音質を最適化するための方法を見つけだし、あなたの見たいコンテンツに合わせて、今までにない映像美を映し出します。幅広いジャンルのネット動画アプリがLGのテレビでも楽しめます。
引用:LG-55V型 有機ELテレビ OLED55C1PJB

スペック(仕様)

◆サイズ(解像度)
・48・55・65・77・83インチ
・4K(3840×2160)

レビューより

◆良いレビュー
・映像がとてもきれい
・音質も素晴らしい
・使うのが楽しい

◆不満なレビュー
・リモコンはもっさり感がある
・リモコンが使いづらい
・番組表示が遅い

HDRの4Kテレビですばらしい画質を

映像の美しさは高精細なドットの数だけではなく、実は『いかに明るさをきれいに表現するか』も重要です。HDRの解説はどこも難しいですが、深く考えすぎずにおおまかな内容を理解してもらえれば、テレビ選びには十分かと思います。

うまし
うまし

読んで頂き、ありがとうございました

◆合わせて読まれています
>>4Kテレビの旧型・型落ちのメリット3つとデメリット3つ