【年に1度】Amazonプライムデーはこちら

【2024年版】ハイセンス全4K液晶テレビ違い比較

テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。
ハイセンスの4K液晶テレビに興味があるけど、製品が多すぎて区別がつかない・・・仕様の違いを知りたいな。あと、おすすめモデルも知りたい。

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・ハイセンスの全4K液晶モデルの違いが分かります
・ご希望に応じたおすすめモデルをご紹介します
うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年、映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します。

スポンサーリンク

重要なポイントを簡単に解説

それぞれのモデルの違いをご理解してもらうために、テレビの仕様や機能について簡単に解説させて頂きます。

パネル方式

パネル方式は映像の美しさを大きく左右します。気になるシリーズがどのタイプのパネル方式かは必ず確認することをおすすめします。

◆VA方式
・コントラスト比が高いため正面からの画質は美しいが、ななめから見ると白くなる。

◆ADS方式(IPS方式)
・視野角がとても広く、ななめからでも美しい映像を楽しめるが、正面はVA方式に画質でおとる。実質的にはADS方式とIPS方式は同じです。

次の画像を見てもらうと理解しやすいかと思いますが、VAパネルは正面から見る場合は、きれいな映像を楽しむことができますが、ななめから見ると白っぽくなりやすいという特徴があります。

液晶パネル仕様
画像引用:RTINGS

お部屋のレイアウトの関係で「テレビの画面をななめから見る機会が多い」という方は、ADSパネルを採用している製品を選ぶことをおすすめします。

ローカルディミング

液晶テレビの画質の良さを判定する1つの基準に「黒をどれだけ黒く表現できるか」というものがあります。液晶テレビは、バックライトと呼ばれる光を当てることで映像を映しますが、夜空のような黒い部分も光の影響で白っぽくなりやすいという傾向があります。

TCL_C825_C835違い-6液晶パネルのイメージ
画像引用:EIZO

ローカルディミングに対応しているモデルの場合、必要な部分のみに光を当てることが可能ですので、黒い部分をしっかりと黒く表現することが可能です。

ハイセンス_U7N_U8N違い比較-5
引用:ハイセンス

倍速(倍速駆動)

テレビは1秒間に60コマの画像を切り替えて動きを表現していますが、スポーツなどの動きが速い映像ではコマが足りずにカクカクとした印象の映像になる場合があります。コマとコマの間に中間の補正画像を生成して追加して、1秒間に120コマにすることで、よりなめらかな映像にするのが『倍速』と呼ばれる機能です。

ハイセンス倍速

倍速に対応している場合、スポーツなどもなめらかな映像を楽しむことができます。さらに、ゲーム向けの製品は、144Hz(1秒間に144回の映像切替え)に対応しているモデルも販売されています。

広色域量子ドット技術

『広色域量子ドット技術』を採用しているモデルは、より豊富な色彩を表現することが可能で、特に緑や赤をあざやかに表現することが可能です。

ハイセンス_U7H_U7N違い比較-1
画像引用:ハイセンス

映像に関する仕様の違い

左右にスクロールできます ← →

型式 UX U9N U8N U8K U7N U7H E7H A6K E6K
発売年 2023年 2024年 2024年 2023年 2024年 2022年 2022年 2023年 2023年
解像度 4K      4K      4K      4K      4K      4K      4K      4K      4K     
量子ドット
バックライト ローカルディミング ローカルディミング ローカルディミング ローカルディミング 直下型 直下型 直下型 直下型 直下型
倍速
●:対応
引用:ハイセンス

機能に関する仕様の違い

左右にスクロールできます ← →

型式 UX U9N U8N U8K U7N U7H E7H A6K E6K
4Kチューナー数
()地デジ・衛星
2(3)    2(3)    2(3)    2(3)    2(3)    2(3)    2(3)    2(2)    2(2)   
HDMI入力の数 4 4 4 4 4 4 4 3※ ~55V
4※ 65/75V
3※ ~55V
4※ 65/75V
ゲーム144Hz
●:対応
引用:ハイセンス

サイズ一覧表

左右にスクロールできます ← →
●:VA / ★:ADS

型番 UX U9N U8N U8K U7N U7H E7H A6K E6K
43V型
50V型
55V型
65V型 ★      ★      ★      ★      ★      ●      ●      ★      ★     
75V型
85V型
●:対応
引用:ハイセンス
質問する人
質問する人

なるほど。製品の違いが分かったよ。ちなみに、おすすめのモデルとかあるの?

うまし
うまし

①高画質で美しい映像を楽しめるモデル、②コスパが良くてネット動画も楽しめるモデルをご紹介します!

ハイセンスのおすすめの人気シリーズ2選

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

美しい画質で高機能な4Kテレビが良い方:U8Nシリーズ

「とにかく高画質が楽しめるテレビが良い」という方には、U8Nシリーズがおすすめです。Mini LEDや低反射パネルを採用することで、臨場感がある高画質を楽しむことができます。

価格を抑えてネット動画を楽しみたい方:E6Kシリーズ

「テレビもコスパを重視」「ネット動画対応の安い4Kテレビを探している」という方には、E6Kシリーズがおすすめです。お求めやすい価格でネット動画に対応した4Kテレビを楽しむことができます。

E6Kシリーズの購入者の感想

・画質も良く購入して良かった
・よほどこだわりがなければ満足できるモデル
・音にこだわるなら外付けスピーカーは欲しい
・リモコンのボタンが小さくて見づらい

>>Amazonレビューをもっと見る