【実機レビュー】HUAWEI Band 6のここは注意点・防水は?ファーウェイのスマートウォッチは実際どう?口コミブログ

デジタル

スマートウォッチに興味があるんだけどHUAWEI(ファーウェイ)のBand 6の評判はどうなのかな?実際に使った人の感想を聞いてみたいな

うまし
うまし

うましです。映像機器のエンジニアをしている電子機器のプロです。実際にBand 6を使用していますが、なかなか良いですよ!写真もご紹介しつつ、Band 6のここが良い、ここが気になるという本音をご紹介します!

スポンサーリンク

HUAWEI Band 6の良い点と気になる点

商品内容(開封時の様子)

うまし
うまし

まずは開封して商品の内容を撮影しました!

外観の様子

外箱を開けると本体が見えます

内箱の中にこちらがあります

充電の様子。赤丸部分は磁石による差し間違い防止があるので安心です。コンセントとケーブルの間のUSB充電器はセット含まれないのでお持ちのスマホ用USB充電器などを使用する必要があります。

◆商品の内容
・本体
・充電用USBケーブル
・クイックスタートガイド
・保証書

Band 6はここが良い

うまし
うまし

HUAWEIのBand 6を実際に使用して良いと感じた点をご紹介します!

有機ELのディスプレイがきれい

有機ELはやはりきれいですね!

このBand 6の大きな特徴は高級テレビでも使用している有機ELをディスプレイに採用していることです。液晶の場合はどうしても黒の表現が苦手で白っぽくなりやすいのですが、Band 6はさすが有機Eですね。専門的にはコントラストがしっかりしているという言い方をしますが、簡単に言うと黒が引き締まり、カラフルな色もぼやけることなくしっかりと表現しています。そのため、ディスプレイに安っぽさがないのはかなりポイントは髙いです。

電池がとても持つ

メーカーのサイトでは14日間持つと紹介してあります。実際に使用した感じとしては、僕の仕事がデスクワークなので座っていることが多く時間を確認することが少ないこともありますが、1日に5~10%程度、休日は10%ほど電池が減ります。

ただ、電池を放電し過ぎると寿命が短くなりそうなので、僕は7日間に1度だけ100%まで充電します。会社員がそれなりに操作しても7日間は余裕で持つのはかなり驚異的です。もちろん、実際の使用環境、文字盤の仕様にもよるかと思いますが、スマホが7日間も持つことはありえないので、Band 6の電池は十分な能力だと言えます。

充電時間も30分程度で40%から100%にまで充電完了します。使い続けるうちに電池の減りが早くなる可能性は高いですが(スマホなどと同様に)、数か月程度では電池の持ちに不満はありません。

スマホを鳴らせる機能は便利

「あれ?スマホをどこに置いたか忘れてしまった・・・」という経験をしたことは、誰でもあるかと思いますが、その際には電話をかけてもらって鳴らして探したことがあるのではないでしょうか?

このBand 6はアプリをインストールしているスマホを鳴らすことができるので、一人暮らしの方がお部屋でスマホをなくしてしまっても鳴らすことができて非常に便利です。この機能は本当便利で僕は助かっています。

文字盤が豊富

文字盤は数百種類もある!

仕事中はシンプルにしてます

文字盤のデザインが無料、有料を合わせると、何百種類もあるので、仕事は落ち着いたデザイン、休日は明るいデザインなどお好きなデザインで楽しむことができるので便利です。文字盤の変更は本体やアプリで簡単にできます。

価格が安い

僕が購入した時は7,100円程度でした。高いという方もおられますが、アプリも充実している本格的なスマートウォッチがこの価格で購入できるというのはある意味衝撃的です。

これ以上に安いスマートウォッチもたしかに多いですが、よく分からないメーカーのスマートウォッチはトラブルも非常に多く、安物買いの銭失いになる可能性が高いです。また、注意してもらいたいのが他社の格安スマートウォッチは「高評価をつけてもらうと○○がもらえる」という条件で高評価を獲得している場合が多いので高評価があてにならない場合もあります。

世界的に知名度の高いHUAWEIのスマートウォッチを購入できると思えば、Band 6の価格設定は十分魅力的だと思います。

もちろんヘルスケアや通知機能も便利

睡眠の質も確認できます

通知を受け取ることができて便利です

心拍数の増減や血中酸素濃度、睡眠時の状態などヘルスケアのアプリが充実していて便利です。他にもLINEやメールの通知を受け取れる機能は便利です。

◆Band 6はここが良い
・ディスプレイに高級テレビでも採用している有機ELを採用

・電池がとても持つ
・スマホを鳴らせる
・文字盤が数百種類から選べる
・価格が安い
・豊富なヘルスケアや通知機能が便利

Band 6はここが気になる

うまし
うまし

Band 6を使用して気になった部分をご紹介します!

防水能力がもう少し欲しい

Band 6の防水能力は5ATMと呼ばれる規格までです。簡単にご説明すると、運動中の汗や手を洗うくらい、プールや海の浅い場所くらいの防水能力はありますが、ダイビングやサーフィン、洗車などには向きません。さらに温度が高くなるシャワーや温泉、サウナも対応できませんので外す必要があります。

僕としては充電以外はずっと着けておきたいと考えていたので、入浴時に外す必要があるのはちょっと不満に感じるところです。

標準バンドが少し着けにくい

標準バンドが、ロック付になっているので良い面と悪い面があります。良い面はしっかりと固定してくれるのでスポーツなどで激しい動きをしても、まず外れる可能性はないかと思いますが、気になる面としては着ける時にロックの部分が穴に引っかかってちょっと着けにくいと感じます。

これは僕個人の印象ですので、ロック付が便利という方も多いかと思いますが、実際に使用した個人的な感想をご紹介させて頂きます。

LINEの返信・電子マネーは非対応

LINEやメールの通知は受けることができますが、Band 6から返信することはできません。また、電子マネーにも非対応です。ただ、僕はこれらの機能は求めていなかったので、注意点としてご紹介はしたものの僕自身は特に不満は感じていませんが、これらの機能を利用したいとお考えの方はご注意ください。

◆Band 6はここが気になる
・防水は手洗いや運動の汗程度。ダイビングや入浴は不可
・標準バンドはロック付で外れにくいがちょっと着けにくい
・LINEやメールの返信はできない
・電子マネーは非対応

結論:Band 6は買って良かった

「スマートウォッチってどんなものなんだろう?」という好奇心から始まり、どうせなら知名度のあるメーカーの製品を購入しようと考えて選んだHUAWEIのBand 6でしたが「買って良かった」と素直に思える商品でした。

ヘルスケアとしてももちろん活用していますが、それ以外の機能もとても便利なので普段の生活を豊かにしてくれるスマートウォッチだと思います。

HUAWEI(ファーウェイ)は知名度も高い会社だし、Band 6はなかなか良さそうだね!

うまし
うまし

価格も安く使いやすいので初めてスマートウォッチを使ってみたい方にもおすすめですよ!