【ハイセンス】55U8FG/65U8FGのレビュー・評判・口コミ・感想・50U8FG/75U8FGも

ハイセンス_U8FGシリーズレビュー・特徴や注意点サムネ テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。
・U8FGシリーズ(ハイセンス)
このシリーズは、どんな特徴のテレビ?注意点すべき点はあるの?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・ハイセンスのU8FGシリーズの特徴や注意点が分かります
・購入者の感想もご紹介します
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します。

スポンサーリンク

U8FGシリーズのレビュー

有機ELに対抗する高画質・高機能の4Kテレビ

ハイセンスは、東芝レグザを買収したことでも有名な中国企業ですが、そのハイセンスの液晶テレビの中でもU8FGシリーズは、特に高画質を実現した『4K ULED』と呼ばれるハイグレードなシリーズです。今回は、U8FGシリーズの魅力をご紹介します。

U8FGシリーズの3つの特徴

黒をしっかりと黒く表現するローカルディミング採用

液晶テレビの「画質の良さ」を判断する1つの基準に「黒をどれだけしっかりと黒く表現できるか」というものがあります。液晶テレビは、光(バックライト)を当てることで映像を映し出しているので、夜空や宇宙のような黒い部分にも光が当たってしまい白くなりやすい傾向があります。

TCL_C635_C835違い比較-11画像引用:EIZO

U8FGシリーズの大きな特徴は、『ローカルディミング』と呼ばれる方式を採用していることです。ローカルディミングは、高画質で有名な有機ELに対抗する技術と言われることもあります。

U8FGシリーズは、ローカルディミングで細かい範囲ごとに光を制御することにより、黒をしっかりと表現し、コントラスト(色のメリハリ)の効いた美しい映像を楽しむことができます。

ハイセンス_55U8FG_ローカルディミング画像引用:ハイセンス

スポーツもなめらかに楽しめる倍速にも対応

テレビは1秒間に60コマの画像を切り替えて動きを表現していますが、スポーツなどの動きが速い映像ではコマが足りずにカクカクとした印象の映像になる場合があります。コマとコマの間に中間の補正画像を生成して追加して、1秒間に120コマにすることで、よりなめらかな映像にするのが『倍速』と呼ばれる機能です。

一般的な倍速

U8FGシリーズは、倍速対応のモデルですのでスポーツもなめらかでスムーズな映像を楽しむことができます。

ネット動画も手軽に楽しめる

U8FGシリーズは、テレビにネット動画を視聴するための機能を搭載しているため、Fire TV Stcikなどの別の機器を用意しなくてもテレビの大画面でYouTubeなどを楽しむことができます。また、リモコンの『ダイレクトボタン』を押せば、すぐにネット動画にアクセスすることもできるのも便利です。

NETFLIXやprime videoは、別に有料会員登録が必要なのでご注意ください。

ハイセンス_55U8FG_リモコン画像引用:ハイセンス

U8FGシリーズの注意点

50V型はななめから見ると色が白っぽくなりやすい

これは、かなり重要なポイントなので、ぜひ購入前にチェックしてもらいたい項目です。テレビには『VAパネル』と『IPSパネル』という2種類の液晶パネルが使用されています。VAパネルは、正面から見る場合は、IPSパネルよりもコントラスト(色のメリハリ)が高く、引き締まった映像を楽しむことができますが、ななめから見ると白っぽくなりやすいという特徴があります。


画像引用:ちもろぐ

50V型は、VAパネルを採用しています他のサイズはIPSパネルと同様にななめから見ても色が変わりにくい『ADSパネル』採用しています。そのため、お部屋のレイアウトの関係で「画面をななめから見る機会も多い」という方は、50V型以外を選ぶことをおすすめします。

U8FGシリーズの購入者の声

満足の声

・コスパ最強の大画面4K液晶
・映像、音声、操作性のどれも満足
・地上波もYouTubeもきれい
・期待以上だった

不満の声

・色あざやかだが、さすがに有機ELにはかなわない
・サブウーハーの効果は感じない
・音質は物足りない
・暗い映像で部屋の照明が反射して映る

>>Amazonレビューをもっと読む

U8FGシリーズはこんな方におすすめ

「高画質にこだわりたいけど、有機ELはちょっと高いかな」という方には、ハイセンスのU8FGシリーズはおすすめです。ローカルディミング技術により、美しい映像を楽しむことができます。

ただ、50V型はVAパネルで、正面から視聴するのには問題ありませんが、ななめから見ると白っぽくなりやすいのでお部屋のレイアウトの関係や会議用モニターなどのように、かなり角度をつけて画面を見る機会が多い場合は、50V型は避けた方が無難かもしれません。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

大画面で十分満足の55V型

圧巻の迫力の65V型

U8FGシリーズの仕様詳細

※50V/55V/65V型を抜粋

型式 50U8FG 55U8FG 65U8FG
画面サイズ 50V 55V 65V
解像度 4K(3840×2160)
パネル方式 VA ADS
バックライト方式 ローカルディミングplus
4Kチューナー 1
地デジチューナー 3
BS/CSチューナー 3
HDMI数 4
ARC HDMI1入力のみ
LAN 1
無線LAN 2.4/5GHz
番組録画 外付けHDD(別売り)で可能
VESA規格 300x300mm 400x300mm 400x400mm
外形寸法(cm) 111.8×67.5×29.1 123.0×73.8×29.1 145.2×86.3×29.1
重量(kg) 17.3 20.9 30
付属品 リモコン(電池含む)、スタンド、取扱説明書など