HUAWEI WATCH GT3のスポーツとクラシックの違い・感想は?防水・評判は?

ハードウェア
質問する人
質問する人

スマートウォッチの購入を検討中。HUAWEI(ファーウェイ)の『HUAWEI WATCH GT3』に興味があるけど、どんなスマートウォッチなの?注意点はある?購入者の感想を聞いてみたいな。

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・HUAWEI WATCH GT3の特徴と注意点が分かります
・購入者の感想が分かります
うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年のうましが解説します。

スポンサーリンク

HUAWEI WATCH GT 3の特徴・注意点・感想は?

GPS内蔵でワイヤレス充電にも対応した高機能スマートウォッチ

HUAWEI WATCH GT 3は、GPSを本体に搭載したハイグレードなスマートウォッチです。より本格的に日常生活のデータを取得して生活改善に役立てることができるモデルです。サイズは42mmと46mmから選ぶことができます。

HUAWEI WATCH GT 3の5つの特徴

GPS内蔵でより正確な位置情報を取得できる

スマートウォッチを装着してランニングやウォーキングをする人の不満で多いのが

・経路が全然違う
・距離がうまく測定できていない

というものがあります。しかし、HUAWEI WATCH GT 3は、本体にGPSを内蔵していますので、より正確に位置情報や距離の測定を行うことができます。

HUAWEI WATCH GT3-2画像引用:HUAWEI

健康に関するデータをモニタリング

HUAWEI WATCH GT 3は、心拍数や睡眠の時間や質、血中酸素濃度(ウェルネス用)の測定も行うことができます。これらの取得したデータを元に、生活改善に役立てることもできます。

HUAWEI WATCH GT-1 3
画像引用:HUAWEI

ワークアウト機能が充実

HUAWEI WATCH GT 3は、ワークアウト(トレーニング)機能も充実しています。例えば、ランニングであれば、ペースや走行距離のデータ、心拍数などを測定して記録することができますので、トレーニングの質の改善にも効果的です。

HUAWEI WATCH GT3-3画像引用:HUAWEI

長期間持続するバッテリー(ワイヤレス充電にも対応)

HUAWEI WATCH GT 3の大きな特徴は長期間持つバッテリーです。モデルにより電池の持ちは異なりますが、メーカーサイトによると、通常の使用で46mmモデルは14日間、42mmモデルは7日間の使用ができます。

実際の使い方によっては電池の持ちが短くなる場合がありますのでご注意ください

さらに『ワイヤレス充電(Qi)』に対応しているのも大きな特徴です。スマホの充電でワイヤレス充電器を利用している方は、専用のケーブルを使用しなくても、同じワイヤレス充電器(Qi対応)で充電することができるので便利です。

HUAWEI WATCH GT3-4画像引用:HUAWEI

スポーツモデルとクラシックモデルの違い

HUAWEI WATCH GT 3には、『スポーツモデル』と『クラシックモデル』の2つのタイプがあります。こちらの違いは、本体の色とベルトの材質です。スポーツモデルは、しなやかな材質であるフルオロエラストマー、クラシックモデルはレザー(革)になっています。

HUAWEI WATCH GT 3の注意点

サイズで電池の持続時間が異なる

先ほどご紹介しましたが、HUAWEI WATCH GT 3は、サイズで電池の持続時間が異なります。通常の使用で42mmは7日間、46mmは14日間となっています。そのため、サイズを決める際にはもちろんデザインや重量も大事ですが、「42mmは46mmよりも電池の持ちが短い」ということを考慮して選ぶことをおすすめします。

防水ですが注意は必要

HUAWEI WATCH GT 3は、5ATMという防水能力になっています。手洗いやシャワー、水泳などは問題ありませんが、強い水圧がかかるスキューバーダイビング、強い水流がかかるジェットスキーなどでの使用は想定されていません。そのため、強い水圧や水流がかかる用途では、外す必要があります。

入浴やサウナは外す必要があり

HUAWEI WATCH GT 3は、動作温度45℃までになっています。そのため、サウナや入浴時には外す必要がありますのでご注意ください。

HUAWEI WATCH GT 3の購入者の感想

G2422H-4

満足の声

・バッテリーの持ちが非常に良いので充電が楽
・コスパが良いGPS内蔵モデル
・心拍の測定は以前使っていた他社品より正確
・スマホをバッグに入れておいても着信が分かるのが良い
・最高のスマートウォッチ
・ランニング用には最適

不満の声

・重量がある
・リストバンドタイプから買い替えたが、やはり本体が大きい
・Suicaとの連携ができると良かった
・46mmは14日間持つということだが、実際に使ってみたら1週間くらい

HUAWEI WATCH GT 3はこんな方におすすめ

「ランニングやウォーキングをするので屋外のデータもしっかり取得したい」という方には、HUAWEI WATCH GT 3が特におすすめです。さらにこのモデルはワイヤレス充電(Qi)対応なので、スマホがワイヤレス充電の方は充電器を共通化できるのも便利です。

ただし、強い水流がかかる場合やサウナや入浴のように温度が高い環境で使用する場合は、外してもらう必要がありますのでご注意ください。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

スポーツモデル:スポーツを思いっきり楽しみたい方におすすめ

クラシックモデル:スーツに合わせたりビジネスでも活用したい方

HUAWEI WATCH GT 3の仕様

モデル 46mmモデル 42mmモデル
ディスプレイ AMOLED(有機EL)
ディスプレイ 1.43インチ 1.32インチ
手首のサイズ 140~210 mm 130~190 mm
サイズ 縦45.9 x 横45.9
x 厚さ11 mm
縦42.3 x 横42.3
x 厚さ10.2 mm
重量 42.6g 35g
バッテリー持続時間 約14日間 約7日間
材質 フロント:ステンレス
リア:プラスチック
OS Android 6.0以上
iOS 9.0以上  
防水 5ATM
通信 Bluetooth
GPS 内蔵(GPS + GLONASS + Galileo + BaiDou + QZSS)
動作温度 -20 ~ +45℃
添付品 充電用USBケーブル、クイックスタートガイド、保証書など

スポーツモデル:スポーツを思いっきり楽しみたい方におすすめ

クラシックモデル:スーツに合わせたりビジネスでも活用したい方