【シャープ】4T-C43EN2/4T-C50EN2のレビュー・評判・口コミ・4K液晶アクオス

EN2ラインサムネ ハードウェア
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。シャープの『EN2ライン』が気になるけど、どんな特徴のテレビ?注意点はあるの?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・シャープのEN2ラインの特徴が分かります
・EN2ラインの注意点が分かります
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します。

スポンサーリンク

EN2ラインの特徴・注意点について

美しい映像を楽しめるハイグレードな4K液晶のアクオス

EN2ラインは、液晶テレビでの中でも人気が高いシャープのアクオスブランドの2022年モデルの4K液晶テレビです。美しい映像を楽しむための機能を多数搭載しているのが特徴で、43V型と50V型の2つのサイズから選ぶことができます。特徴と合わせて、注意点も解説します。

EN2ラインの4つの特徴

さまざまな映像を4Kの高画質で楽しめる

地デジやDVDなどは、解像度(縦と横に並んだドットの数)が低いので、大画面のテレビでこれらの映像を映すと荒れた映像になりやすいです。しかし、EN2ラインは『4K超解像アップコンバート』を搭載し、さまざまな映像を4K画質で楽しむことができます。

EN2ライン-4画像引用:シャープ

倍速機能で激しい動きもなめらかな映像で楽しめる

テレビはパラパラ漫画のように1秒間に60コマを切り替えて動きを表現しますが、動きが速いスポーツやカーレースなどでは、コマが足りずカクカクとした印象の映像になる場合があります。しかし、EN2ラインは『倍速機能』を搭載し、コマとコマの間の中間の補間映像を生成して1秒間に120コマにして、さらにバックライトの点滅を加えたシャープ独自の『480スピード機能』により、動きの速い映像もなめらかに楽しむことができます。

EN2ライン-2画像引用:シャープ

ネット動画も気軽に楽しめる

EN2ラインは、ネット動画の視聴機能もテレビ本体に内蔵していますので、ご自宅のWi-Fiに接続するとYouTubeなどのネット動画もテレビの大画面で楽しむことができます。また、リモコンには『ダイレクトボタン』が配置されているので、そちらから簡単にネット動画のアプリを起動することができます。

EN2ライン-3画像引用:シャープ

反射を抑えたN-Blackを採用

せっかくの美しい映像もお部屋の照明や外の光を反射すると番組に集中することができません。そこで、EN2ラインは反射を抑制する『N-Blackパネル』を採用することで、照明などの反射を抑えた美しい映像を楽しむことができます。

EN2ライン-1画像引用:シャープ

EN2ラインの注意点

ハンズフリーには非対応

声でテレビの電源やチャンネル操作ができて、お料理の時などに便利な『ハンズフリー音声操作』ですが、EN2ラインは対応していません。2022年の4K液晶アクオスで、ハンズフリー音声操作を利用したい方は、サイズが大きいEN1ラインを選ぶ必要がありますのでご注意ください。

EN2ラインはハンズフリー音声操作に対応していません。

EN2ライン-5画像引用:シャープ

EN2ラインはこんな方におすすめ

「人気が高いアクオスの高画質にこだわった4K液晶テレビが良い」「サイズは43Vか50Vが良い」という方は、シャープのEN2ラインがおすすめです。高画質の4Kを楽しむことができます。ただし、ハンズフリー音声操作は非対応である点はご注意ください。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

お求めやすい価格が魅力の43V型

大画面で臨場感のある映像が楽しめる50V型

EN2ラインの仕様

型式 4T-C43EN2 4T-C50EN2
画面サイズ 43V 50V
解像度 3840×2160(4K)
エンジン Medalist S3
4Kチューナー 2
地デジチューナー 3
BS/CSチューナー 3
HDMI数 4
ARC HDMI3のみ
LAN 1
無線LAN 2.4/5GHz
ハンズフリー音声操作 非対応
外付けHDD録画 対応
壁掛け 別売り金具で対応
外形寸法(cm) 95.7×25.3×62.1 112.6 x 25.3 x 73.9
重量(kg) 15.5 21.5
付属品 リモコン(電池含む)、テーブルスタンド、取扱説明書など

お求めやすい価格が魅力の43V型

大画面で臨場感のある映像が楽しめる50V型