【TCL】50P635/55P635のレビュー・注意点・43P635/65P635も

TCL_P635サムネ ハードウェア
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。TCLの『P635シリーズ』に興味があるけど、どんな特徴のテレビ?注意点はあるの?

こんな質問にお答えします。

◆記事の内容
・TCLのP635シリーズの特徴が分かります
・P635シリーズの注意点が分かります
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します。

スポンサーリンク

P635シリーズの特徴・注意点

ネット動画も楽しめるコスパが良い多機能スマートTV

P635シリーズは、世界的に有名な中国の家電メーカーのTCL(2019年にテレビ出荷台数世界2位)が販売する多機能な4KスマートTVです。Google TVを搭載しており、ネット動画も大画面で楽しめるのが魅力のシリーズですが、注意点もあるので合わせて解説します。

P635シリーズの3つの特徴

4K以外の映像も4Kの高画質で楽しめる

P635シリーズは、『Algoエンジン』を搭載し、4K画質ではないDVDやネット動画も4Kに変換してくれるので、地デジ、ネット動画など様々な映像を高画質で楽しむことができます。

TCL_P635-1画像引用:TCL

テレビの大画面でネット動画も楽しめる

P635シリーズは、『Google TV』を内蔵していますので、テレビをご自宅のWi-Fiに接続すると大画面でネット動画も楽しむことができます。

TCL_P635-3画像引用:TCL

光の明暗を美しく表現するHDRに対応

液晶テレビやモニターは夜空と花火、光と影のような明暗を表現するのが苦手な傾向がありますが、P635シリーズは、『HDR』という明暗を表現する技術の中でもグレードが高めの『Dolby Vision』にも対応しており、明暗のある映像も美しく表現します。

TCL_P635-2左:HDR非対応 / 右:HDR対応
画像引用:TCL

P635の注意点

ななめから見ると白っぽくなりやすい

P635シリーズは、『VAパネル』と呼ばれるタイプの液晶パネルを採用しています。VAパネルは、正面から見ると色のメリハリ(コントラスト)がしっかりとした映像を楽しめるのですが、ななめから見ると白っぽくなりやすいという特徴があります。

液晶パネル仕様画像引用:ちもろぐ

そのため、お部屋のレイアウトの関係でテレビを見る時に画面を正面からではなく角度をつけてななめから見る機会が多いという方には注意が必要です。

倍速機能は非対応

テレビは1秒間に60コマの画像を切り替えて動きを表現していますが、スポーツなどの動きが速い映像ではコマが足りずにカクカクとした印象の映像になる場合があります。コマとコマの間に中間の補正画像を生成して追加して、1秒間に120コマにすることで、よりなめらかな映像にするのが『倍速』と呼ばれる機能です。

一般的な倍速

P635シリーズは倍速機能は対応していないのでご注意ください。

P635シリーズはこんな方におすすめ

「ネット動画も楽しめるコスパの良い4Kテレビが良い」という方には、TCLのP635シリーズは特におすすめです。ただし、VAパネルを採用しているのでななめから見ると白っぽくなりやすい点、倍速は対応していない点は注意してください。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

お求めやすくコスパが良い43V型

大画面でもお求めやすい55V型

P635シリーズの仕様

型式 43P635 50P635 55P635 65P635
画面サイズ 43V 50V 55V 65V
解像度 4K(3840×2160)
液晶パネル VAパネル
バックライト方式 直下型
4Kチューナー 2
地デジチューナー 2
BS/CSチューナー 2
HDMI数 3
ARC HDMI1のみ対応
LAN端子 あり
Wi-Fi 2.4 / 5GHz
外付けHDD録画 対応
壁掛け 200 x 200 mm(市販品:別売り)
外形寸法(cm)
スタンド含む
95.7 x 61.0 x 18.5 111.2 x 68.9 x 25.7 122.6 x 75.6 x 25.7 144.6 x 88.5 x 30.0
重量(kg) 6.3 8.7 10.2 14.1
付属品 リモコン(電池含む)、スタンド、取扱説明書、保証書など

お求めやすくコスパが良い43V型

大画面でもお求めやすい55V型