【SONY】X90KシリーズとX90Jシリーズの違い比較・どっちがおすすめ?4K液晶ブラビア

X90J_X90K違い比較サムネ テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。ソニーの『X90Kシリーズ(2022年モデル)』と『X90Jシリーズ(2021年モデル)』は何が違うの?注意点とかはあるの?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・ブラビアの『X90Kシリーズ』と『X90Jシリーズ』の特徴と違いが分かります
・X90K/X90Jシリーズを選ぶ時の注意点もご紹介します
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します

スポンサーリンク

X90KとX90Jの特徴と違いについて

うまし
うまし

『X90Kシリーズ』と『X90Jシリーズ』の違いをより理解してもらうために、まずは簡単に2つのシリーズの共通点を解説させて頂きます。

まずは共通点をご紹介

直下型LED部分駆動を採用

液晶テレビは、高画質の判断基準の1つが「黒をどれくらいしっかりと黒表現できるか」というものがあります。液晶テレビは、光(バックライト)を当てて映像を映し出す構造になっているので、夜空や宇宙などの映像の黒い部分も白くなりやすいという特徴があります。

X90J_X90K違い比較-8画像引用:SONY

ソニーのブラビアのグレードが高い4K液晶テレビには、バックライトを必要な部分にだけ当てるために『直下型LED部分駆動』を採用しています。これによって、黒をしっかりと黒く表現することができるので、美しい映像を楽しむことができます。X90K/X90Jシリーズは、直下型LED部分駆動を採用しています。

X90J_X90K違い比較-9-画像引用:SONY

倍速に対応

X90K/X90Jシリーズは、『倍速』に対応したモデルになっていますので、スポーツ観戦もなめらかでスムーズな映像を楽しむことができます。

テレビは1秒間に60コマの画像を切り替えて動きを表現していますが、スポーツなどの動きが速い映像ではコマが足りずにカクカクとした印象の映像になる場合があります。コマとコマの間に中間の補正画像を生成して追加して、1秒間に120コマにすることで、よりなめらかな映像にするのが『倍速』と呼ばれる機能です。

一般的な倍速

4Kアップスケーリングを採用

X90K/X90Jシリーズは、ネット動画や地デジ放送などの画像があらい(低解像度)の映像も『4Kアップスケーリング』によって、あらゆる映像を4Kの繊細で美しい映像を楽しむことができます。

X90J_X90K違い比較-4画像引用:SONY

ハンズフリー機能に対応

お料理やお仕事の時など手が離せない時に、声でテレビを操作できると便利です。X90K/X90Jシリーズは、『ハンズフリー機能』に対応しており、声でテレビの電源操作、チャンネルの切り替え、音量の調整なども行うことができるので、より快適にテレビを楽しむことができます。

X90J_X90K違い比較-1画像引用:SONY

X90KとX90Jの違い

ブラビアカム対応の有無(X90Kのみ)

テレビにオプションのカメラ(別売り)を取り付けると、手の動きでテレビの操作を行ったり、ビデオチャットで活用するなど様々な用途に活用できる機能が『ブラビアカム』です。X90Kシリーズのみの対応になっています(X90Jは非対応)。

X90J_X90K違い比較-2画像引用:SONY

アコースティックセンターシンク対応の有無(X90Kのみ)

ソニー製のサウンドバーと組み合わせると、サウンドバーだけではなくテレビからも音声が出るので、映像と音声がマッチした臨場感のある映像を楽しむことができます。X90Kのみ(50V型は非対応)が対応しています。

X90J_X90K違い比較-5画像引用:SONY

サイズの違い

X90Kシリーズは、さらに大型の85V型にも対応しています。

サイズ X90K X90J
50V
55V
65V
75V
85V

X90K/X90Jの共通の注意点

うまし
うまし

X90K/X90Jシリーズもグレードが高いモデルですが、最上位モデルに採用されている次のものは採用していませんのでご注意ください。

画面の反射防止は非対応

テレビに表示される画質が美しくても室内の照明などを反射すると映像に集中しにくくなります。4K液晶ブラビアの最上位モデルで採用されている『エックスアンチリフレクション』は、X90K/X95Jシリーズは非対応なのでご注意ください。

X90K/X90Jシリーズは非対応です

X90J_X90K違い比較-6画像引用:SONY

ななめから見てもきれいな処理は非採用

液晶テレビは、高画質なモデルであってもななめから見ると色が白っぽくなる場合があります。これは液晶パネルの種類によるものです(VAパネル)。最上位モデルの4K液晶ブラビアでは、ななめから見ても画質が落ちにくい『エックスワイドアングル』を採用していますが、X90K/X90Jシリーズは非対応なのでご注意ください。

X90K/X90Jシリーズは非対応です

X90J_X90K違い比較-7画像引用:SONY

ご希望別のおすすめモデル

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

最新にこだわらないのでお買い得感を重視したい方:X90Jシリーズ

「最新モデルにはこだわらないのでお買い得に購入したい」という方は、X90Jシリーズがおすすめです。2021年モデルで型落ち(前モデル)で価格も下がっています。高画質を楽しむための直下型LED部分駆動や倍速に対応した高画質の4K液晶ブラビアをお買い得に購入することができます。

新しいモデルで最新の機能も楽しみたい方:X90Kシリーズ

「購入するのであれば新しいモデルが良い」「追加された機能も使ってみたい」という方には、X90Kシリーズがおすすめです。ブラビアカム、アコースティックセンターシンクなどの機能が追加されて、さらに便利で快適にテレビを楽しむことができます。