【TCL】32S516E/32S5200Aの違い比較・どっちがおすすめ?何が違う?

TCL_32S516E_32S5200A違い比較サムネ テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。TCLの『32S516E』と『32S5200A』は何が違うの?どっちがおすすめ?購入者の感想を聞いてみたいな。

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・TCLの32S516E/32S5200Aの違いが分かります
・購入者の感想もご紹介します
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します

スポンサーリンク

32S516E/32S5200Aの違い

TCLは、2019年にテレビの出荷台数が世界2位になるほど、世界中で愛用されている中国の家電メーカーです。32S516E、32S5200Aは、どちらもネット動画の視聴機能を内蔵し、ご自宅のWi-Fiに接続するとネット動画も楽しめて非常に価格が安いのが魅力のシリーズですが、重要な部分で仕様が違いますので解説させて頂きます。

解像度(画素数)の違い

液晶テレビは、画面に小さなドットが並べられて1個1個が様々な色に光ることで映像を映し出します。そのため、このドットの数が多いほど細かい部分も繊細に表現することができます。

2つのモデルは、画素数(解像度)と呼ばれる画面を構成するドットの数が違います。

【32S516E】
横1366 x 縦768 個のドット

【32S5200A】
横1920 x 縦1080 個のドット

32S5200Aの方が細かい部分もしっかりと表現してくれます。

販売ルートの違い

32S516Eは、Amazon限定のモデルで、32S5200Aは家電量販店や楽天などでも広く販売されているという違いがあります。

共通の注意点

うまし
うまし

どちらを選ぶ場合でも注意してもらいたいポイントがありますのでご紹介します。

ななめから見ると色が変わりやすい

この2つのモデルは、どちらも『VAパネル』というタイプの液晶パネルを採用しています。VAパネルは、正面から見るとコントラスト(色のメリハリ)がしっかりした美しい映像を楽しめるのですが、画面をななめから見ると色が変わりやすいという特徴があります。「視野角がせまい」とも言います。

液晶パネル仕様画像引用:ちもろぐ

そのため、お部屋のレイアウトの関係でテレビをななめから見る機会が多い方は、ご注意ください。

うまし
うまし

ななめからも色の変化が少ないモデルをご希望の方には、ななめからの視聴に強い『ADSパネル』を採用し、ネット動画にも対応しているハイセンスの『32A40G』がおすすめです。

4KやフルHDの120Hzなどは入力不可

最近は、ゲームを本格的に楽しむ方も増えています。高画質のゲームでは4Kやフルハイビジョンの120Hzなどの映像で楽しめる製品もありますが、32S516E、32S5200Aはそのような高画質の映像をHDMI端子に入力することができません。2つのモデルとも最大解像度が1920×1080(60Hz)までになりますのでご注意ください。

32S5200Aの購入者の声

満足の声

・コスパが良い。買って良かった
・信じられない安さ
・こんな素晴らしいテレビはない
・ネット動画も快適に楽しめる
・フルハイビジョンなので画質も文句なし
・音質も十分良い

不満の声

・4Kと比較すると画質は落ちる
・たまに固まって電源を抜き差ししている
・国内メーカーと比較すると画質は落ちる
・リモコンに凹凸がないので慣れが必要
・リモコンの反応がいまいち。しっかり向けないと反応しないことがある
・横から見ると映像が白くなる

>>Amazonレビューをもっと見る

悩んだら画素数が細かい32S5200Aがおすすめ

どちらも低価格でコスパが高いモデルではありますが、32S5200Aはフルハイビジョンということもあり、細かい部分もきれいに表現してくれるのでおすすめです。32S516Eは、Amazon限定モデルということもあり、セールの時には価格が下がることもありますので値段で判断するというのもありかと思います。

ご希望別のおすすめモデル3選

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

繊細で美しい映像を楽しみたい方:32S5200A

画質にはそれほどこだわらない方:32S516E

ななめから見ても映しい映像を楽しみたい方:32A40G