ハイセンス 50A6G/55A6Gのレビュー・評判は?・口コミ・不満・感想・43A6G/65A6G/75A6Gも

ハードウェア
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。ハイセンスの『A6Gシリーズ』が気になるけど、どんなテレビ?評判はどう?注意した方が良い点とかあるの?

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・ハイセンスのA6Gシリーズの特徴が分かります
・A6Gシリーズの評判が分かります
・注意点をご紹介します
うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年、映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します。

スポンサーリンク

ハイセンス A6Gシリーズのレビュー

低価格でネット動画を搭載した万能テレビ

ハイセンスは東芝レグザを買収して子会社にした世界的に有名な中国の企業です。A6Gシリーズは東芝レグザと共同開発した技術も搭載されており、安心の品質と多機能でありながら、かなり低価格を実現したシリーズになっています。

A6Gシリーズの3つの特徴

地デジやネット動画も4K画質で美しい

A6Gシリーズは4K映像だけではなく、地デジやネット動画、衛星放送などの映像も4K画質にアップしてくれます。そのためさまざまな映像を高画質で楽しむことができます。

A6G_画質
※補正された右は鮮明です
引用:ハイセンス-55A6G

画面をななめから見ても美しい

A6Gシリーズは『ADSパネル』と呼ばれるななめから画面を視聴しても色が変わりにくい液晶パネルを採用しています。そのため、リビングに配置しているテレビをキッチンから見る場合でも美しい映像を楽しむことができます。ただし、50A6G(50インチ)のみVAパネルを採用していますのでご注意ください。

ADSパネルはIPSパネルと同等で、ななめからの視聴でも安定しやすいですが、50インチのVAパネルはちょっと注意が必要です。VAパネルは正面の美しさを重視した液晶パネルで、ななめからみると白っぽくなりやすい特性があります。しかし、これは高価格な4Kテレビなども基本的には同じ傾向があります。この点は注意してもらう必要があります。


画像引用:ちもろぐ

豊富なネット動画を手軽に楽しめる

A6Gシリーズは豊富なネット動画を搭載しているためご自宅のWiFi(無線LAN)に接続すると大画面で動画を楽しむことができます。さらに人気の配信サービスはリモコンからすぐにアクセスできるので便利です。


引用:ハイセンス-55A6G

A6Gシリーズの購入者の声

※Amazonレビューより

満足の声

・全く問題なし
・画質、画面サイズも満足。この価格ならお買い得かと
・音も期待以上にクリア
・日本ブランドと比較しても劣らない

不満の声を分析

・音に関しては悪くはないが物足りない
・地デジチューナーは2つなので裏番組は1つしか録画できない
・リモコンの効きが悪い時がある。正面に向けないと反応しないことがある

>>もっとAmazonレビューを読む

A6Gシリーズはこんな方におすすめ

「大画面でネット動画も楽しみたいけど、価格は抑えたい」という方には、A6Gシリーズはとてもおすすめです。ただし、50インチはななめから視聴すると白っぽくなりやすい液晶パネルを採用しているため注意してください。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から購入者のレビューだけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

50インチ

55インチ

【参考】A6Gのカタログスペック

型式 43A6G 50A6G 55A6G 65A6G 75A6G
画面サイズ 43V 50V 55V 65V 75V
解像度 4K
パネル方式 ADS VA ADS ADS ADS
バックライト方式 直下型
4Kチューナー 1
地デジチューナー 2
BS/CSチューナー 2
HDMI数 3
ARC HDMI入力1のみ
LAN 1
Wi-Fi内蔵 2.4/5GHz
番組録画 外付けHDDで対応
VESA規格 200 x 300 mm 400 x 300 mm
外形寸法(cm) 96.3×61.4
x19.6
111.7 x 70.9
x 22.5
123.2 x 77.3
x 22.6
145.2 x 89.6
x 29.1
167.7 x
103.6 x 35.6
重量(kg) 7 9.8 11.5 16.7 26.5
付属品 リモコン(電池含む)、スタンド、取扱説明書など