ハイセンスA6Gのレビュー・評判・口コミ・不満は?

デジタル

ハイセンスの『A6Gシリーズ』が気になっているけど仕様や評判はどうなのかな?購入者の不満の声とか聞いてみたい・・・

うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年で、HDMI機器の設計・開発をしている映像のプロが、A6Gシリーズの解説と購入者の満足・不満の声をご紹介します。

スポンサーリンク

ハイセンスA6Gのレビュー・評判・口コミ・不満は?

A6Gシリーズの特徴をサクッと簡単に教えて!

低価格でネット動画を搭載した万能テレビ

ハイセンスは東芝レグザを買収して子会社にした世界的に有名な中国の企業です。A6Gシリーズは東芝レグザと共同開発した技術も搭載されており、安心の品質と多機能でありながら、かなり低価格を実現したシリーズになっています。


引用:Amazon-65A6G

A6Gシリーズの3つの特徴

A6Gシリーズの特徴をもう少し詳しく教えて!

地デジやネット動画も4K画質で美しい

A6Gシリーズは4K映像だけではなく、地デジやネット動画、衛星放送などの映像も4K画質にアップしてくれます。そのためさまざまな映像を高画質で楽しむことができます。


※補正された右は鮮明です

引用:ハイセンス-55A6G

画面をななめから見ても美しい

A6Gシリーズは『ADSパネル』と呼ばれるななめから画面を視聴しても色が変わりにくい液晶パネルを採用しています。そのため、リビングに配置しているテレビをキッチンから見る場合でも美しい映像を楽しむことができます。ただし、50A6G(50インチ)のみVAパネルを採用していますのでご注意ください。

ADS(IPS)はななめから画面を見ても美しいですがVAは白っぽくなりやすいです


画像引用:ちもろぐ-液晶パネルの違いまとめ

豊富なネット動画を手軽に楽しめる

A6Gシリーズは豊富なネット動画を搭載しているためご自宅のWiFi(無線LAN)に接続すると大画面で動画を楽しむことができます。さらに人気の配信サービスはリモコンからすぐにアクセスできるので便利です。


引用:ハイセンス-55A6G

A6Gシリーズを購入した人の感想を聞いてみたいな・・・

うまし
うまし

購入者の満足・不満の声をご紹介します!

A6Gシリーズの購入者の声

満足の声

※Amazonレビューより

・全く問題なし
・画質、画面サイズも満足。この価格ならお買い得かと
・音も期待以上にクリア
・日本ブランドと比較しても劣らない

不満の声を分析

※Amazonレビューより

・音に関しては悪くはないが物足りない
・地デジチューナーは2つなので裏番組は1つしか録画できない
・リモコンの効きが悪い時がある。正面に向けないと反応しないことがある

うまし
うまし

レビューには貴重な情報が多いので確認することは非常に重要です。リンク先から購入者レビューだけでもチェックすることをおすすめします。

【参考】A6Gのカタログスペック

型番75V:75A6G
55V:65A6G
55V:55A6G
50V:50A6G
43V:43A6G
画素数3840×2160
パネル方式ADS
※50VはVA
バックライト直下型
HDR対応HDR10
HLG
倍速対応
エンジンNEOエンジンLite
高画質機能4K復元
AIネット映像高画質処理
HDR再現処理
エリア別クリア復元
クリアノイズ処理
テクスチャー復元
残像感軽減SMR120
低遅延ゲームモード対応
スピーカー2.0ch
サラウンド対応
高音質機能Eliex Prism
ダイレクトサウンド
自動音声モード
DOLBY AUDIO
Clear Sound(人の声を強調)対応
自動音量制御対応
スマートスピーカー連携works with Google Assistant
works with alexa
LANポートあり
WiFi(無線LAN)2.4/5GHz
ネット動画Netflix
Youtube
Amazon Prime Video
Abema TV
hulu/dTV
U-NEXT
DMM.com
スカパー! on demand
TSUTAYA TV
Rakuten TV
Paravi
チューナー BS 4K/110度CS 4K:1
地上デジ/衛星:3
HDMI入力3
VESA規格※壁掛け対応75V:400×300
55V:400×300
55V:200×300
50V:200×300
43V:200×300


うまし
うまし

参考にしてもらえるとありがたいです。読んで頂きありがとうございました!