ダイソーのモバイルバッテリーはコスパ良いけどクセがある・実機レビュー・使った感想・安全性・評判・口コミ・感想は?充電できない?

ダイソーモバイルバッテリーサムネ ガジェット
質問する人
質問する人

ダイソーにモバイルバッテリーが売ってあったけど、普通に使えるの?実際に使った人の感想を聞いてみたい。

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・実際にダイソーのモバイルバッテリー(10,000mAh)を使ったレビューをご紹介します
・良かった点、注意した方が良い点をご紹介します
うまし
うまし

ハードウェアエンジニア歴15年のうましです。実際にダイソーのモバイルバッテリーを購入して使用した実体験をご紹介します!

スポンサーリンク

ダイソーのモバイルバッテリーはコスパ良いけどクセがある

開封して本体を確認

ダイソーモバイルバッテリー12商品の外観 ※10,000mAh
(税込み1,100円)

ダイソーモバイルバッテリー14商品の内容

◆セット内容
・モバイルバッテリー(10,000mAh)
・取扱説明書
・USBケーブル
※USB-A – MicroUSB
うまし
うまし

それではモバイルバッテリー本体を確認してみます!

ダイソーモバイルバッテリー1

ダイソーモバイルバッテリー6iPhone SE2(右)と同じくらいのサイズ

ダイソーモバイルバッテリー7厚みは2倍くらいあります

ダイソーモバイルバッテリー1610,000mAhのモバイルバッテリーでは軽い方です

ダイソーモバイルバッテリー4ボタンを押すと電池残量が分かります

ダイソーモバイルバッテリー5電池残量は4段階で表現されます

ダイソーモバイルバッテリー3本体充電用MicroUSB(側面)

ダイソーモバイルバッテリー15充電中の様子

ダイソーモバイルバッテリー2
出力はUSB-A(2ポート)

ダイソーモバイルバッテリー9
スマホを充電している様子

充電のカーブ

うまし
うまし

iPhone SE2を実際に充電して充電速度を比較しました!

①USB充電器(5V/2A)
②USB充電器(5V/1A)
③ダイソーモバイルバッテリー
④PowerCore III(Anker)

ダイソーモバイルバッテリー充電カーブ

グラフから分かりますが、このダイソーのモバイルバッテリーの充電速度は早くはないです。急速充電(PD、QC3.0)は非対応で、比較用にご紹介した人気のAnker(アンカー)のモバイルバッテリー(PowerCore III)と比べると充電速度は遅いです。

ただ、しっかりと充電はできるので「充電速度にこだわりはない」という方は、神経質に気にするほどではないかと思いますが、「充電速度が遅いのはストレスがたまる」という方は注意が必要です。

モバイルバッテリーの充電時間

このダイソーモバイルバッテリーが放電した状態から充電が完了するまでの時間を計測しました。

USB充電器の仕様 充電時間(実測)
5V/2A 約7時間00分
QC3.0対応 約4時間30分

ここは良い

安全基準はしっかり

ダイソーモバイルバッテリーPSE
厳しい日本基準クリアのPSEマーク

日本の安全基準である『PSEマーク』をしっかりと取得してあるので安心して使用することができます。

2ポート同時充電はかなり便利

ダイソーモバイルバッテリー13

2ポート充電が可能なので、2台のスマホを同時に充電できて便利です。ただ、合計で5V/2.4Aまでなので機器によっては充電速度が遅くなるので注意が必要です。

◆ここは良い
・安全規格はしっかり
・2台同時充電は便利

ここは気になる

急速充電できない

先ほど簡単にご紹介しましたが、最近のモバイル機器は電池の容量が大きく『急速充電』と呼ばれる機能があります。有名メーカーのモバイルバッテリーは急速充電に対応している場合も多いのですが、このダイソーのモバイルバッテリーは急速充電に対応していません(電圧は5Vのみ)。

そのため「急いで充電しないといけない!」という時には能力不足を感じる可能性が高いです。

USBコネクタがすごく固い

充電に関するコネクタがすごく固くて驚きました。次の出力用USB-A(2ポート)と充電用のMicroUSBです。

ダイソーモバイルバッテリー2出力のUSB-A x 2

ダイソーモバイルバッテリー3充電用MicroUSB

特に購入して最初は「壊れるかな?」というくらい強く押し込まないと奥まで入らず、今度は抜くときも力が必要です。こんなに固いUSBコネクタは今まで経験したことがありません(苦笑)

使い続けるうちに少しずつ差しやすくなってきましたが、最初は「ケーブル側がダメになるのでは?」と感じるほど固かったです。また使い続けても本体を充電するためのMicroUSBはすごく差しづらい形状になっているのでコツが必要です。

iPhoneの充電にコツが必要?

この現象は、たまたま僕が購入したものだけかもしれないという前提でご紹介させて頂きます。

iPhoneは充電する時にコツが必要です。難しいことではないのですが、ケーブルでモバイルバッテリーとiPhoneを接続する時、まずケーブルとバッテリーを接続する必要があります。

ダイソーモバイルバッテリー13こちら側を先に接続

そして、次にiPhoneとケーブルを接続すると充電ができます。この接続の順番を守らなくても充電できることもありますが、充電できないことがたびたびあります。確認した限りでは、アンドロイドのスマホではこの現象は起こりませんでした。

以上のことから、価格が安くコスパは良いですが、クセがあるなという印象です。

◆ここが気になる
・急速充電は非対応
・USBがすごく固い
・iPhoneはケーブルの接続に順番が必要?
※下の2点は個体差の可能性あり

ダイソーはコスパが高いけどクセがあった

1,100円という価格を考えると、コスパが高いモバイルバッテリーでした。「緊急時に備えて1つくらいモバイルバッテリーは持っておきたい」という方には良いかと思いますが、USBが非常に固かったり、充電のMicroUSBが差しにくかったり、iPhoneはケーブルを接続する順番で充電しなかったり『クセ』を感じ、細かい点でストレスを感じます。

モバイルバッテリーはそんなに買い替えるものではないので、個人的にはクセの少ないモバイルバッテリーを購入することをおすすめします。