【アイリスオーヤマ】40FB10Pのレビュー・評判・感想・YouTube見れる?評判・口コミ

アイリスオーヤマ_40FB10Pレビュー テレビ
質問する人
質問する人

テレビの購入を検討中。アイリスオーヤマの『40FB10P』が気になっているけど、どんなテレビ?注意点とかあるの?購入者の感想を聞いてみたいな。

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・アイリスオーヤマの40FB10Pの特徴が分かります
・注意点をご紹介します
・購入者の感想をご紹介します
うまし
うまし

映像機器の設計・開発エンジニアのうましが解説します。

スポンサーリンク

40FB10Pのレビュー・注意点

大画面の40V型のフルハイビジョンを低価格で

40FB10Pは、生活家電で有名なアイリスオーヤマの非常に低価格が魅力の40V型のテレビです。一人暮らしや書斎に置くには必要十分で最適な商品ですが、注意点もございますので合わせてご紹介します。

40FB10Pの注意点や特徴

直下型LED採用で高いコントラストを実現

液晶テレビの画質を大きく左右するのが『バックライト方式』です。大きく分けると『エッジ型』と『直下型』の2つに分けられますが、40FB10Pは、直下型を採用しています。そのため、黒を黒く表現するのが得意で、コントラスト(色のメリハリ)がしっかりした映像を楽しむことができます。

32WB10P-03
画像引用:東芝ライフスタイル

画面をななめから見ると白っぽくなりやすい

40FB10Pは、正面から見るとコントラスト(色のメリハリ)がしっかりとした映像を楽しめますが、ななめから見ると白っぽくなりやすい『VAパネル』を採用しています。

液晶パネル仕様
画像引用:ちもろぐ

そのため、お部屋のレイアウトの関係で「テレビをななめから見る機会が多い」という方は、ご注意ください。

ネット動画の視聴機能はなし

40FB10Pは、低価格が魅力のテレビですが、YouTubeなどのネット動画を楽しむための機能は内蔵していません。そのため、ネット動画を楽しみたい方は、外付けの機器(Fire TV Stickなど)が必要になりますのでご注意ください。

4Kではないので注意

テレビは、画面に細かいドットが並べられており、1つ1つがさまざまな色に光ることで映像を表現します。この画面を構成するドットの数を画素数と呼びます。40FB10Pは、高画質で有名な4Kのテレビではなく『フルHD(フルハイビジョン)』のテレビになります。4KとフルHDでは、画面に並べられたドットの数が違います。

【4K】
横3840 x 縦2160 個のドット

【フルHD】
横1920 x 縦1080 個のドット

そのため、40FB10Pでは、4Kのような繊細な映像は期待できませんのでご注意ください。

4Kなどの映像信号は入力不可

最近のゲームなどは、4Kやフルハイビジョン(1920×1080)の144Hzなどの映像で楽しめる製品もありますが、40FB10Pは、そのような映像信号には対応していません。HDMI端子に入力できる映像は最大1920×1080 60Hzまでになりますのでご注意ください。

40FB10Pの購入者の声

※Amazonレビューより抜粋

満足の声

・価格以上の品質だった
・値段を考えると満点。文句なし
・画質はきれい
・コスパは良い
・画質や音にこだわらない自分には十分なテレビ

不満の声

・画質は悪くないがリモコンの操作性が少し不満
・リモコンの反応がいまいち
・リモコンの文字が小さめ
・音質がもう少し良ければなお良かった
・音質はいまいち

>>Amazonレビューをもっと見る

こんな方におすすめ

「低価格でシンプルな40V型のテレビを探している」という方には、40FB10Pはとてもおすすめです。ただし、ネット動画の視聴機能は内蔵していない点、HDMI入力が4Kなどの画素数は対応していない点はご注意ください。

うまし
うまし

気になる商品はリンク先から『購入者のレビュー』だけでもチェックすることをおすすめします。貴重な情報が含まれていることがあり、意外に勉強になりますよ!

仕様の詳細

型式 40FB10P
画面サイズ 40V
解像度 1920 x 1080
バックライト方式 直下型
パネルタイプ VA
地デジチューナー 2
BS/CSチューナー 2
HDMI数 2
ARC HDMI2のみ
LANポート データ放送用
Wi-Fi内蔵 非対応
ネット動画 非搭載
HDD録画 対応(HDD別売り)
VESA規格(mm) 200×100
外形寸法(cm) 90.6×56.8×21.5
重量(kg) 6.24
付属品 リモコン(電池含む)、mini B-CASカード、取扱説明書など